わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌

ようやく「チーム則本」が結成されました...

f:id:uesugi_rintaro:20210117192806p:plain
「チーム浅村」に続いて「チーム則本」も出てきた。

初登場、とうとうチーム結成かぁ....。


こんにちは、りんたろうです。

則本といえば、

今までは「チーム田中」の筆頭メンバー。

「田中組」という呼び方をするのであれば、そこの「若頭」という位置づけだった。

30歳になった今シーズン、とうとう「チーム田中」から独立して自分のチームを立ち上げた。


いいね...。

というか、遅すぎた感じがしないでもない...。

遅すぎた?

同世代の浅村はすでに「チーム浅村」を率いていたし、田中が海を渡って「エース」と呼ばれるようになってから結構経っているし、もう少し早く立ち上げても良かった。

ま、田中の存在がそれだけ大きかったということかもしれない。

田中は毎年、仙台で自主トレするのが恒例になっているけど、則本自身、田中に教わりたいことがまだたくさんあったということだろうね。

後輩の面倒よりも自分のレベルアップを優先したかった。自分のことで精一杯。

簡単に言えばそういうことだ。

しかし...、

そこまでしても、則本はここ2シーズン、思うような成績を残せていない。

で、心境の変化もあったと思うし、もう一段上のレベルへ上がるにはどうするか。

考えた末の結果が「チーム則本」だったのだろう。


というか、「チーム田中」からの卒業。

それに...

このオフはマー君にとっても「人生の岐路」的状況になっている。

プロ野球復帰説もだんだん現実味を帯びてきている感じもあるし、何かと落ち着かないオフになっている中でのチーム結成。

田中も則本のチーム結成にはホッとしているのではないだろうか。

「チーム則本」のメンバー

さて、チームの顔ぶれだが、瀧中瞭太、高田萌生、そして弟の則本佳樹。

瀧中瞭太

瀧中が入っていたのが嬉しい。

と同時に、少し意外でもあった。

ゲームメイクの上手さに定評のある瀧中は、どちらかというと涌井に師事するタイプかなと思っていた。

気持ちを前面に出す則本とはちょっと別のイメージで見ていたが、結構、熱いタイプなのかもしれない。

が、それはそれでいいこと。

高田萌生

高田萌生は高梨とのトレードでGから移籍してきた選手。

ゴールデンルーキーの早川くんや伸び悩んでいる藤平なんかと同世代のピッチャーである。
www.washilog.com

G時代も近未来のローテ候補と期待の大きかった投手なので、「チーム則本」でマー君直伝の投手理論などを勉強してぜひ化けてほしい。

話はそれて問題の藤平だけど、彼は今年も岸に弟子入りするのだろうか。
www.washilog.com

さっぱり情報が入ってこないが、オコエと一緒で今シーズンは崖っぷちのはずなので、必死こいてスタートしてほしいね。

則本・弟

話を戻して、弟の則本佳樹。

こっちは支配下入りを目指すシーズンということだが、やはり兄貴の影に隠れてしまっている印象は拭えないね。

なんか他の投手との違いをもっとアピールできればいいと思うのだけれど...。

「チーム田中」の他のメンバーは...

気になったのは、「チーム田中」で一緒だった松井裕樹や辛島や釜田といったメンバーだ。

他のメンバーはそのまま「チーム田中」で行くんだろうね。

そうでないと、田中が混じったらそのまま「チーム田中」になっちゃうし、単なる「チーム田中」のチーム名変更みたいなことになってしまう...。

ま、それは冗談として...。

そこはやはり則本が「チーム田中」から独立したということでいいだろう。

暖簾分け、と言ってもいい。

他のメンバーは則本をチームから送り出した格好だ。



高田のところでも書いたが、則本が「チーム田中」で教わったことを今度は則本が他の若手に伝えていくのである。

そういう立場になったということだ。



で、いずれは「チーム瀧中」であったり「チーム高田」が結成されるくらいの成績(実績)を作って欲しい。