わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。

【藤平尚真】は岸に「弟子入り」です。


藤平が岸と自主トレを行うというニュース。

何故これがニュースになるかというと、藤平が過去2年間一緒に自主トレをしてきたのが田中将大だったからですね。「田中塾」とか「チーム田中」とか呼ばれています。具体的には則本、松井裕、辛島らもメンバーですね。そこを抜けて今度の自主トレは「チーム岸」でやります、そういう意思表明をしたわけです。

「弟子入り」という言い方をされるときもあるように、若い選手がだれと一緒に自主トレをするかは、目指す野球のスタイルだったりチーム内での人間関係なども絡んでくるので、なかなか複雑でデリケートな一面を持っているのかもしれません。特にピッチャーの場合は繊細なタイプが多いから「チーム田中」で築いた関係性は維持したかったはずです...。

ただ、藤平はこの2年間「チーム田中」での自主トレを結果に結び付けられませんでした。「人間関係」だけで上にいけるほどプロ野球の世界は甘くない。人間関係よりもまずは「自分の結果」です。藤平には「何か」を変える必要がありました。

その「何か」を求めて先ずは自主トレのメンバーを変える道を選んだわけですね。

で、今度はだれに「弟子入り」するかとなって、田中でもなく、則本でもなく、ほかにエース級の先発投手となると、もう岸孝之に行き着くのは自然の成り行きだったということです。

藤平の契約更改でのヘアスタイルですが、なんか岸ヘアーを意識した感じに見えたのは私だけでしょうか。まずはスタイルから。環境を変えて、練習方法や調整方法を変えて、いろいろ変えて、自分に一番合うやり方を見つける。見つかったかどうかはもろ結果として現れるわけですから実にシンプルです。

「技術面プラス、試合の中での考え方を細かく聞いていきたい。高校(横浜)の先輩、涌井さんからもいろんなことを吸収したい」

藤平の決意表明です。「チーム岸」には藤平の高校の先輩であるロッテの涌井もいます。この2人と一緒に自主トレできることに期待しない選手はいないでしょう。

さて、この時期になると、だれがだれに「弟子入り」するかに注目が集まりますが、昨シーズンはこんな「弟子入り」がありました。
www.washilog.com
www.washilog.com
www.washilog.com

来シーズンの藤平には期待したいと思います。たのみます...。