わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌と身辺雑記

石井監督ってどうよ?...

残り13ゲーム

昨日はゲームがなかった。オリもなかったのかな。なのであったのは2試合。

  • ライオンvsソフバ
  • 日ハムvsロッテ

結果はというと、4位のソフバンが負けて、2位のロッテも負けた。これは3位の楽天にとっては最高の結果となった。2位が0.5近づいて、4位が0.5遠ざかった。何もしないで1ゲーム得した気分であるw。

残り13ゲームの内訳をチェックしてみたら

  • ライオン 5ゲーム
  • ソフバン 4ゲーム
  • オリ   3ゲーム
  • 日ハム  1ゲーム

これで13ゲームになるかな...。なるなw。

で、今日から残ゲームが一番多いライオンとのカード。今シーズン得意としているライオンとの残りゲームが一番多いというところに希望の光が見える。

あとオリとの直接対決も3残しているしな。10月19日からのオリとの直接対決2連戦までにオリとの差をどこまで詰められているかがポイントだ。今4.5でしょ、ちょっと厳しい感じもするが、ま、石井監督が日頃から言っているように目の前のゲームに勝っていくだけである。内容はこの際どうでもいい。がむしゃらにとにかく勝ちに行く。それだけw。

石井監督ってどうよ...

話は変わるが、「3位は僕にとってはBクラス」と言い放って当時前年の最下位から3位までチームを引き上げた平石監督から三木監督にスイッチした石井GMだったが、その三木監督も昨年の今頃はスタート時からかなり印象も変わって結局4位。
その三木監督のあとを受ける適当な人材が見つからずやむを得ず自分が登板する形になってしまった石井監督。あれだけの大口を叩いて「さぁ、お手並み拝見」という向きも多かったはず。でも、なかなかどうして、石井監督はよくやってると思うぞ。

田中将大が期待どおりの活躍を見せていれば、GM勘定(そんな勘定あるかどうか定かではないがw)に物を言わせた補強がうまくいったせいだと言われかねないところもあったが、

  • その田中はたったの4勝。ローテピッチャーの中でも最低の勝ち星である。
  • 信頼の厚かった涌井も戦列をはずれるし
  • 昨シーズン最大の起用ミスだった松井裕樹をクローザーに戻したところまではよかったが、後半戦から離脱、今シーズン復帰の目処立たずだし
  • 助っ人外国人が大ハズレ(ま、これは自分の見立てが悪かったということもあるが...)

...というような調子で、まったく想定外の展開の中で3位キープと平石監督のときと同じ順位ではあるが、まだ優勝の狙える位置でいい戦い方を続けている。というか、だんだん良くなっている印象さえあるw。

昨シーズンが終わって三木さんを2軍監督に戻したときに、石井GMが「瞬発力」がどうのこうのとコメントしていたことがあった。で、その「瞬発力」を当の石井監督は出せているのかというと、投手起用だけ見ても「(瞬発力って)こういうことだったか...」と感じさせるところが随所にあるな...みたいなw。
投手を代えるタイミングも絶妙だし、主力への気配りは感じられるが遠慮はないし、日替わりクローザーも苦肉の策とはいえなんとか回している。

いいんじゃないか、石井監督。言うだけのことあるんじゃないか..、と私の中では思っていて、残り13ゲームもどんな戦い方をして帳尻を合わせていくのか、CSの戦い方を含めて楽しみは尽きない感じがあるw...。
www.washilog.com

さいごに余談。現在4位でもがいているソフバンだが、平石コーチは今の石井監督の戦いぶりをどう評価しているんだろう。「ケッ、俺と同じ3位じゃねぇーか。CSの戦いぶりが楽しみだぜ...」なのか、「なるほど、石井さんはこんな野球をしたかったんだ...」なのか、「指導者の経験がないわりによくやってるな。言うだけのことはあるな...」なのか。
あのとき楽天に残っていれば、いずれは楽天監督に復帰する日もあっただろうになあ...、石井監督の選手起用を見ていてそんなことを考える今日このごろであるw。

追記(2021.10.09 12:46)

スポーツナビで順位表の残試合をみたら楽天は14になっていた。あれれれ...。ロッテとのゲームで中止になっていた分の振替ゲームがあったようだ。オフィシャルサイトの試合日程をみたら10月27日にはまっていた。すみません、お詫びして訂正します。残ゲームは14ですw。

ロッテとのペナントレース終戦が首位攻防戦か2位攻防戦になるパターンがあるかどうかは分からないが、仮にロッテよりも下位で迎えることになるとしたら、どちらかのパターンであってほしいね。「最後のチャンス」というお守りであってほしいw。