わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌、ときどき身辺雑記

島内節(昨日からの続き...)

昨日の続き。島内の次のコメントについて

「挑戦しているなと。自分にはできないと思った。もっと野球がうまかったらしていたと思います。自信がなかった」

FA権を行使しなかった理由ついて島内がコメントしたものだ。「挑戦しているなと。」というのはFA権の行使経験者である同学年の浅村のことだ。浅村と自分を比較してのコメントになっているが、なぜか嫌味がない。

自虐的であるが、逆にストレートで気持ちいい。いかにも島内らしい。悲観的な言動は正直あまり好きではないが、島内が言うとそれほど嫌な感じがしないのはなぜだろう。結果を出しているからだな、きっと。島内らしさで十分にチームの戦力となっていると思うからだ。

球団は島内と4年契約を結んだようだ。ライオンズが栗山と複数年契約を結んだという記事を読んだが、おそらく同じ次元の話だろう。島内は今や間違いなく楽天の「顔」である。

「こんな評価してくれるチームはなかなかない」

これも島内のコメントだが、「(島内が)こんなに活躍できるチームはなかなかない」ということもできる。要するに楽天にとっての戦力なのは間違いない。

ブログのカテゴリーに「35 島内宏明」を昨日入れた。もはや入れないわけにはいかないだろう。おそすぎた。