わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。

ソースかつ丼


またここのカツ丼。でも、今度は

ソースカツ丼
f:id:uesugi_rintaro:20200428112409j:plain

ソースカツ丼を最初に食べたのはかれこれ20年以上前。会津若松に行ったときにお城近くの食堂で食べました。会津若松では定番のカツ丼だったと記憶しています。ソースを染み込ませたトンカツがご飯の上に敷いたキャベツの上にのっかっているスタイル。その後もあちこちでソースかつ丼を食べましたが、このスタイルはどこも共通でした。

あちこちで食べたとは言っても、東北以外のところで「ソースかつ丼」を食べたことはありません。東北で食べたソースカツ丼の中で、ということになりますが、ここのソースかつ丼は今まで食べた中で一番旨かった。期待をはるかに超える旨いソースカツ丼でした。

今度ここに来たら普通のカツ丼を食べるか、ソースかつ丼を食べるか、かなり迷いそうです。*1

パッと見、ソースが足りないようにも思いましたが、そんなことはなかった。これが絶妙な加減でこれ以上でも良くないし、これ未満では物足りない、そんな感じ。

トンカツがとにかく柔らかい。
しかし厚みがあるから食べ応えもある。前回のブログにも書きましたが、お肉が熱すぎずにちょうどよい加減で火が通っています。地味な作業ですが、この火加減は私の中でかなり評価が高いです。

サクサク、ガツガツ食べられるのは嬉しいし、より旨く感じます。ちなみにトンカツにふりかかっているのは白ごまだな。良いアクセントになっていました。
f:id:uesugi_rintaro:20200428112413j:plain

ソーストンカツの下に敷かれたキャベツとご飯の組み合わせ、適度にソースが絡んでこれだけでもご飯がススムくん状態。いやぁ、完成度かなり高い。高スギくんだ。完敗、いや、完食、参りました...。

f:id:uesugi_rintaro:20200428113128j:plain
www.washilog.com

*1:初めて来た人はどっちを食べてもOK。ハズレなし、どっちを食べても満足できるはず。で、次にもう一方を食べれば良い。