わしログ

わし(楽天イーグルス)ファンが運営する雑記ブログです。

【正しい鼻のかみ方5つ】鼻をかんだときに鼻血が出る人は、鼻のかみ方が間違っています...。

f:id:uesugi_rintaro:20190125222958p:plain

鼻をかんだときにティッシュが真っ赤になる...

「寒暖差アレルギー」については以前ここで書きました。

11月頃から「花粉症」のような症状が出て来るけど、病院へ早く行った方が良いですよ、そんな内容でした。
www.washilog.com

しばらく病院で薬を処方してもらい、症状はだいぶ楽になっていましたが、鼻水がぜんぜん出なくなったわけではありません。

...というか、寒さが厳しくなってきて、更には空気の乾燥も酷くなったせいか、鼻をかんだときに出てくる鼻血の量は逆に増えたんじゃないかという気がしていました。

鼻づまりがなくなり、さらさらした鼻水が出るようになったのはいいのですが、ついつい鼻を強くかんでしまいます。

強くかみすぎるから...、と鼻血の原因はそれしかないわけですが、ただ、強くかまないとスッキリしない。

それで、先日、また耳鼻科に行ってきました。「なんとかなりませんか...」と。

血管をレーザーで焼く処置...

そうしたら、「血管が少し密集しているようですから、レーザーで焼きましょう」ということになりました。

いとも簡単に先生が言うものだから、ついつい「お願いします....」ということになりました。

で、やってみたら、この処置自体はそれほど難しいものではありませんでした。

  1. 麻酔薬を染み込ませた脱脂綿を鼻に詰めて20分ほどじっと待たされます。
  2. そのあと、レーザーで血管を焼いていきます。
  • 麻酔が効いているせいで、痛みはほとんどなし。少し焦げ臭い匂いがするだけで、それは焼いているわけですからしょうがないか....とそんな感じです。

その日禁止されたことは2つ。

  • 入浴
  • アルコール(飲酒)

血管に刺激を与えやすいことは禁止されるようです。

ただ、禁止されるのは当日だけ。一日経過したら解禁です。

症状はというと、鼻をかんでも血管を焼いた側の穴からは鼻血が混じらなくなりました。残った側の穴からは相変わらず血の混じった鼻水が出てきます。

鼻のかみ方に問題があった...

鼻水だけだとまだいいのですが、ときどき血の塊のような、かさぶたのような鼻クソが出てきます。これが出るとスッキリするので、そのときはいいのですが、すぐにまたかさぶたができるようで、鼻をかみたい(鼻の奥の異物を出したい)衝動にかられてしまいます。

で、これは症状こそ軽いものの、血管を焼いた側の穴にも出て来る症状でしたので、いろいろネットなどで調べていたら、どうやら鼻のかみ方自体にも問題があるようでした。

参考になったのがこのサイトです。
2013年版正しい鼻のかみ方 2013年4月 tea-break-ちょっといい話 やべ耳鼻咽喉科/東京都中央区銀座

この記事の中の

ティシュペーパーで力いっぱいグリグリすると目にみえないような小さい傷が粘膜にたくさんつきます。

するとそこにかさぶた(=ハナクソ)がつきます。ハナクソ(かさぶた)を指でとると一瞬、鼻の通りは良くなります

が、そのうちさらに大きなハナクソ(かさぶた)がついてしまいます。ハナクソ(かさぶた)をさらにとるとさらにさらに大きなハナクソがつくだけでなく、傷が大きくなって出血してきます。

という箇所。これこそまさに私の症状そのものでした。

なーるほど、鼻のかみ方が良くなかったわけだ...。

正しい鼻のかみ方

ということで、上のサイトでもアドバイスしていた「正しい鼻のかみ方」を下に書き出してみます。

  1. 片方ずつかむ。反対側の鼻を押さえてかみます。両方いっしょにかんではいけません。
  2. 鼻をかむ前に口から息を吸う。鼻をしっかり押し出すために、空気を吸って準備をします。
  3. ゆっくり、少しずつかむ。一度にかまない。
  4. 強くかみすぎない。少しずつやさしくかんで下さい。
  5. 鼻をかんだあと、けっしてティシュペーパーで鼻内をグリグリしない。(鼻はかむだけにする)

私にとってのポイントはこれだった

上の正しい鼻のかみ方5項目、この中で私にとっての最大のポイントは5番の鼻をかんだあとの対応です。

深追いしてはいけない、ほどほどが大事...ということです。

その点、私は相当深追いしていました。鼻の穴をティッシュでグリグリしてました。それでもスッキリしない、つまり鼻クソが取り切れないと指を突っ込んでグリグリしてました。それが良くなかったわけです。

もう少し経つと「花粉症の季節」になります。正しい鼻のかみ方をしないと、ティッシュが鼻血で真っ赤っ赤という事態になりかねませんので注意したいと思っています。特に5番の深追いしないは肝に銘じておきたいと思っています。

というか、鼻のかみ方を上のようなやり方に変えてみたら、一日で鼻血はどっちの穴からも出てこなくなりました。

最初のうちはもっと強くかみたい衝動にかられましたが、そこをグッとこらえていましたら、鼻クソ(鼻血のかたまり)自体が減りました。すなわち鼻の通りが良くなったということです。

さいごに

ただ、念のため、今度耳鼻科へ行ったら、先日焼かなかった方の穴の血管もレーザーで焼いてもらおうと考えています。

なんで前回一度に処置しなかったの?という疑問をお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。

この処置(穴の中の血管を焼く処置)は一度には行えないということでした(理由は聞いていません)。

つまり、インターバルを置いて片方ずつ処置するということです。

あと、花粉症の薬もついでに処方してもらおうかと思っています。今年の花粉は多いという情報もあります。そろそろ対策を始めようと思います。