わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌と身辺雑記

ソフバンにはソーシャル・ディスタンスを守って欲しいねw

E5−0F

ようやく1勝1敗。4位のソフバンも連勝で0.5差は変わらず。新コロ感染予防対策上、ソフバンにはもっとソーシャルディスタンスを考えてほしいものだ。最低でも3.5差は必要だろう。あまり近づくなよ、ソフバンw。
で、オリも勝利か...。そっちはもう少しそばに寄っていいぞ、遠慮するな、近う寄れ、苦しゅうない...w。

一昨日のゲームではうちの早川が二桁勝利のルーキー一番乗りに挑戦したが失敗。で、昨日は日ハムの伊藤がやはり同じ一番乗りに挑戦するマウンドになったわけだが、そこは楽天ナインがしっかり阻止してくれた。一昨日は早川の援護ができなかったけれど、その代わり昨日は早川の「二桁勝利一番乗り」をみんなで死守した格好だ。早川、次こそいくぞ、一番乗り...。

山崎やオコエといった若手が気を吐いている。反対にベテランはここに来てややお疲れ気味だ。

特に炭谷ね。タッチアップからのホームスチール失敗*1、次の打席の送りバントは凡フライだったし、その次はチャンスであっさり三振だった。リードの良さとしぶといバッティングで太田を2、3歩リードしていた印象だったが、最近は「精彩を欠くプレー」の方が多くなってきた。少し休ませたい...。が、岸、田中、瀧中の女房役は重いポジションではある。

あと浅村ね。手堅く犠牲フライを打ったことを褒めるべきなのかもしれない。ただ天の邪鬼の私には最初から「最低限の仕事狙い」に見えてちょっと淋しい気持ちの方が強かった。浅村ならやっぱりホームラン狙いで、結果、犠牲フライだった....が本当だろうと思うが。ま、「ゲッツー製造機」の面も併せ持つ浅村だから、慎重になっていたのだろう。チームバッティング、これが今シーズンの浅村だ。俺は物足りないけどなw。
…と思ったら8回裏の打席。いきなりの死球に珍しく怒った浅村がマウンドへ詰め寄るというシーンがあった。代走が出され、一塁からベンチに帰る途中にもマウンドのピッチャーに向かって歩み寄る浅村...。両チームのベンチから選手が出てくる事態にまで発展。主審から警告試合をアナウンスされたが、熱い浅村に前言(「俺は物足りないけどな」)撤回w。

昨日のクローザーはブセ。際どいボールをことごとくボールコールされ頭に来てたようだ。危うく乱丁に陥りそうになるも、なんとか踏み留まる。ゲッツーで締められたのはラッキーだった。

最後に再びソフバン。ソフバンと3位争いするより、オリと2位争いしたい。邪魔しないでほしいね、ソフバンにはw。

*1:あれはライト近藤のバックホームも良かった。それにしても炭谷はホームベース近くになってから真っ正直に足から滑り込んだもんだから高い状態の上半身に簡単にタッチされていたな。あそこは頭から低く入って手でベースタッチでしょw。