わしログ

ちな鷲の爺さんが書いている雑記ブログです。

隣の芝生は青く見える(オリックスの先発ローテの顔ぶれを見ての感想)


試合がなかったので、つらつらと雑感などを。テーマは「隣の芝生は青く見える」ということで…。

直前のオリックスとのカードは1勝4敗1分と完敗でした。オリックスの先発が良かったですね。皆さん初々しかったので、年齢を調べて並べ見てました。

  • アルバース 35歳
  • 鈴木 優 23歳
  • 山崎福也 28歳
  • 榊原 翼 22歳
  • 田嶋大樹 24歳
  • 山本由伸 22歳


一方の楽天イーグルス

  • 石橋良太 29歳
  • 涌井秀章 34歳
  • 弓削隼人 26歳
  • 則本昂大 29歳
  • 塩見貴洋 29歳
  • 藤平尚真 22歳

オリックスは24歳以下が6人中4人もいます。しかも、それぞれがしっかりゲームを作っていました。
楽天はというと、24歳以下は藤平だけです。その藤平は無残にも7球で降板、もう話になりませんな。

楽天の先発投手で24歳以下というと、1軍には藤平しかいません。2軍はと見てみても、24歳は鈴木翔天、西口直人くらいで、あとは一気に20歳まで下がり、引地、佐藤智輝あたりがいるくらいです。
現在、先発転向でもがいている松井裕樹もすでに25歳、オリックスのローテに混ざったら決して若いとはいえませんね。

クローザーだった松井裕樹をわざわざ先発に転向させて、先発投手陣の若返りを図ろうなんていうのがそもそもせこい気がします。小手先の帳尻合わせのようなことではなく、もっとオーソドックスに若い投手を育成してほしい。使って試して育ててほしい。

ただ、今の楽天にはそういうシステムがないのか、そもそもの育成対象(人材)が不足しているのか、またはそれができるスタッフ(コーチ)がいないのか...。
常勝チームを作るという石井GMの構想には大賛成なんですが、実力のある選手を引き抜いてくるだけでなく、育成のスペシャリストの補強も大事なのではないか。オリックスの先発ローテを見ていてそんなことを考えていました。
投手スタッフがやや弱い気がします。ロッテから金森さんを引っ張ってきたのは成功でした。この際だから吉井さんなんかも引っ張ってきたらどうでしょう。
ところで、オリックスはどの投手コーチが優秀なんでしょう。あれだけ若い良い投手を輩出できているのはだれのコーチングの影響なんだろう。みたいな...。

www.washilog.com