わしログ

ちな鷲の爺さんが書いている雑記ブログです。

「うな貴」で鰻重


父の日イブ(6月20日)の食べ歩き。

「父の日」を理由に鰻を食べることにしました。お店は「仙台で鰻といえばここでしょう」という「うな貴」さん。

暑い日が続いていたせいか、繁盛してましたね。予約していたのは夕方5時半ころでしたが、最近の傾向ともいえる「テイクアウト」のお客さんも何組か入口で待っていました。

新コロ対策ですが、入口の消毒液は当然として、客席の配置などは特に変わっていなかったかな。もともと密になるような配置でもないし、4人席に3人というグループもいましたが、ほかは4人席に2人座らせるみたいな案内にも見えました。私らも含めてですが...。

注文したのは数量限定の「特上 極(きわみ)」5,450円也。これ↓

f:id:uesugi_rintaro:20200620175101j:plainf:id:uesugi_rintaro:20200620175058j:plain

下のご飯が見えないくらいに鰻がのっているのは嬉しいものです。ご飯の量も絶妙で鰻を食べている感が十分に味わえます。暑い時期に鰻、身体が求めているから旨い旨い...。大満足でした。

f:id:uesugi_rintaro:20200620172248j:plain
左に咲いているのは紫陽花です。お店の前の「完売」は、「予約の分で既に今日の分の鰻は完売です。」くらいの意味のようです。