わしろぐ

ちな鷲ジジイの観戦日誌。身辺雑記もあるよ。

「きよみや」ではありません、「せいみや」です。




 昨夜は忘年会だった。飲みすぎてしまい帰宅してからもブログなど書ける状態ではなかった。朝にイーグルス関連ニュースをチェック。目新しいニュースなし。「松井裕樹パドレス入団決定的」というニュースは昨日書いた。まだ「決定」ではない。ニュースをスクロールしていてちょっと気になったのがこれ。

column.sp.baseball.findfriends.jp

 清宮虎多朗と書いて「せいみや こたろう」と読む。日ハムのバッターが清宮幸太郎(きよみや こうたろう)、甲子園のスター選手からドラ1で入団した彼の方が知名度は圧倒的に上である。だから、楽天の清宮は彼をモデルにした漫画の主人公みたいなネーミングになっているが、れっきとした楽天の大型ピッチャーである。ただ、わたしはまだ実際のピッチングを見たことがない。

 2018年の育成ドラ1だったが、2020年にはトミージョン手術を受けたらしい。その後の2年間はリハビリを続けながらの選手生活で、2023年にようやく復活、ファームではあったが抑えとして39試合に登板、2勝2敗22セーブ、防御率4.00でイースタンのセーブ王に輝いた。

 「1軍で戦力になるところまで来た...」は三木2軍監督のコメントである。松井裕樹が抜けたクローザー競争に名乗りを上げてきたら面白いが、さすがに則本を追いやってクローザーを担うとは考えにくい。ただ、セットアッパーとか安楽の代わりなら可能性はある。1軍でどこまで通用するか、早く1軍での実戦登板を見てみたい。