わしろぐ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。身辺雑記もあるよ。

とうとう白河の関越え、仙台育英が夏の甲子園優勝、この場合は「いくほー」でいいのか...w、次は「わしほー」といきたいね。

白河の関越え

甲子園の優勝旗が白河の関をとうとう越えた....。全国版のニュースで仙台育英甲子園優勝の後に「東北勢初」という文字が踊っている。宮城県代表だけど、「東北勢初」と言われる。宮城県だけじゃない、東北全体が待ち望んでいた悲願達成である。

これって、なんかすごいよね。なんだ、この東北一体感w。.

正直、もう甲子園の優勝旗が白河の関を越えることはないだろうと、ある種の「悟りの境地」に達したようなところがあったけど、なんかヒョイッと越えてしまった感じがしないでもないw。

とにかく、仙台育英、おめでとう、そしてご苦労さま、そしてそして(感動を)ありがとう。

シン・仙台育英

スコアは8−1だった。完勝と言っていい。
高校野球はそこまで熱心じゃないので、ネット情報からの受け売りになるけど、満塁ホームランの岩崎くんは、地方予選はベンチ外の選手だったんだね。エースの古川くんは決勝での出番がなかったし、なんか、これまでの強豪校とはやや違った印象だ。「シン・強豪校」「シン・仙台育英」という感じだろうかw。

東北の代表校

ところで、東北6県の各代表校は、もちろん優勝旗を地元へ持って帰るという目標はあるわけだが、それと同じくらいのトーンで、いや、それ以前にと言っていいかも、優勝旗を「東北」に持ち帰るという目標、悲願があるのではないか。...と勝手に思っている。彼らは「県代表」であると同時に、「東北代表」でもあるわけだなw。これって、よその代表校にはおそらくない感覚だと思うがどうだろう...。

今度は楽天イーグルスの番

イーグルスの石井監督がナイスなコメント出してたね。

「今度は(僕たち)楽天イーグルスの番です...」

高校球児が悲願を達成したのである、プロが「逃す」わけにはいかないでしょw。

昨日はゲームがなかったので、イーグルスナインは全員昨日の決勝戦を観ていたに違いない(ホントか?)。観たら刺激を受けないわけがない。今夜はその成果をたっぷり見せてもらいましょうw。