わしろぐ

ジジイのプロ野球観戦雑記です。身辺雑記もあるよ。/ in Sendai

昨日は負けると思った...。

E7✗−6G

ポンセはホームラン打たれすぎ

 ポンセが失点するときって大量失点になるんだなあ。2回の2ランとソロのホームラン攻勢で3失点。大盤振る舞いです。勿体なかったのはやはり4回の3失点。直前に2点返して1点差まで詰め寄っていただけに、あそこで丸に打たれた3ランはキツかった。まだ4回でしたが、わたしは完全に止めを刺されたと思いました。

 こうなるとチームも勝ちパターンのゲーム展開にはできません。4点差で終盤に入り、継投も様子見の渡辺翔太、ターリーと来て、8回からは津留崎を回またぎで投入。

神がかっている

 しかし、 交流戦に入ってからのイーグルスは神がかっています。8回にこの日からスタメンに復帰した浅村の2ランで2点返す。最終回には相手クローザーの乱調につけ込み、代打の阿部が押し出しの追加点で1点差まで迫ると、2アウト満塁から交流戦打点王・小郷が逆転タイムリー2ベースを打っちゃった。
 こんなことってある?という展開。いいーんです、あるんです、完全な負けゲームを見事最後の最後にひっくり返しました。今江監督が監督インタビューでコメントしていたけど、小郷は2皮くらいむけた感じです。

 8回から回マタギの津留崎に勝ちがついたのがなんか嬉しいね。津留崎もグッジョブでした。


鈴木大地のグッジョブ

 浅村にホームランが出たことで今日からのオーダーが少し楽しみです。
 しかし、鈴木大地がやはりいい仕事をしている。もうしばらくこのままのオーダーでいくような気がします。昨日の最終回の逆転劇、先頭の大地がヒットで出塁したことで流れを呼び込めました。グッジョブです。

ポンセはストレートが狙われている?!

 最後にポンセが4回に丸へ献上した3ランについて。前のイニングで2点返して1点差まで詰め寄ったイニング、ランナー2人置いて2アウトからの丸はGで今いちばん好調のバッター。もうすこし攻め方があったよね。

 ポンセは打たれ出すと止まらないところがある。その原因のひとつに「強いストレートに頼りすぎ」があるんじゃないか。丸の打席。初球はストレートで空振り、ボールが2つ続いて4球めのストレートも空振り、ここでバッテリーは丸がストレートに合ってない、ストレートならいけると踏んだのかもしれない。ま、ふつうはそう思う。

 で、5球目も同じ高さ、コースにストレート。これが3ランになりました。丸にまんまと誘導されたように見えました。

 ポンセは強いストレートが武器なんだけど、それを狙い撃ちされてビッグイニングを作っている気がします。ときどき投げる大きなカーブをもっと有効に使いたい。

 ここは岸と組んでいる石原とのバッテリーに戻すべきだな。石原もソフバンでの大炎上で思うところがあるはず。そろそろそれを試すためのチャンスを与えたい。与えてよ、今江監督ぅ...。