わしろぐ

ジジイのプロ野球観戦雑記です。身辺雑記もあるよ。/ in Sendai

浅村抜きでも勝てたなのか、浅村抜きだから勝てたなのか、そこが問題だ。

T1−3E

 甲子園のタイガースに勝ちました。ただのタイガースではなく、「甲子園の」です。これはすごいことです。

 昨日はこっちで観られるテレビ中継がなかったので、ネットの一球速報を観ながらラジオ中継を流していましたが、甲子園球場の独特のアウェイ感はラジオからでもビンビン伝わってきます。

 球場全部を敵に回している感が半端ないです。あの中で闘って勝ったのですから、これは楽天の選手たちを褒めてやりたい。

 浅村をスタメンからハズした今江監督の覚悟が選手たちに伝わったのかもしれませんね。

 浅村のスタメン落ちはチームにとって、浅村自身にとって、越えなければならない大きな壁だった気がします。それを越えて、浅村抜きでも勝った。チームの何かが変わる予感です。



 投手陣が立派でした。あの独特の球場の雰囲気によくぞ呑み込まれなかった。中でも同点の9回裏を無失点でつないだ鈴木ソラですね。
昨日の継投メンバーの中ではビビリを一番心配していましたがなんのなんの、しっかり投げ切りました。

 ソラに勝ち星がついたわけですが、それだけの価値あり。甲子園での1勝の重みは高校球児だけではありません。ソラ自身にとっても大きな自信になるはずです。

 攻撃では延長10回の代打・茂木の勝ち越しタイムリーが突破口でした。続いた小郷のタイムリー、あの追加点が大きかった。茂木の1点だけだと昨日の則本では逆転されていましたなw。

 最後にスタメンマスクについて。
 先日の岸に続いて、昨日のポンセもそれまでの相方である石原から太田に代わりました。太田のバッティングが村上と好相性だったというのもあったのでしょう。大量失点が続いたポンセの気分を変える狙いもあったはずです。

 で、いつもなら愚痴のひとつもこぼすところですが、最近の太田はそれなりの結果で応えています。それは認めるしかない。

 石原推しは変わりませんが、当分は太田で我慢するか。