わしろぐ

60代ジジイのプロ野球観戦レビューと身辺雑記です。/ in Sendai

次期監督の話題が出るのもよーく分かる。ゲームは初勝利の則本が連敗ストッパーになりました。

E7−3B

先発・ノリ

昨日もデーゲームにつき、ライブ観戦なし。あとからスコアチェックのみ。

結果は上々で今シーズン初勝利の則本が連敗ストッパーとなった。今シーズン5戦目にしてようやく初勝利は、3本柱の1本としてはやや遅きに失した印象がないではないが、今シーズンは今のところ立ち上がりに先制される悪いパターンは出ていないから、攻撃さえ噛み合えば、ま、これが普通の展開である。

ただ、7回の3失点は後味の悪さを残したかな。1点くらいならまだしも、3点だから。あの辺がノリっぽいね。前のイニングで4点追加していたからよかったものの、相手がノリと同格のピッチャーだったらたちまち同点にされているところだ。

(お待たせしました。初勝利です。)

打順

このゲームでも打順を入れ替えてきたが、あれなら異議なし。結果が良かったからというわけではない。1軍から合流したばかりの渡辺佳明を即スタメン2番で起用したのも、好調・伊藤裕季也の3番起用もいずれも良かったと思う。2番と3番が逆でも良かった。

岡島も4番よりは5番というイメージだし、島内も調子が上がってくるまでは今の位置(下位打線)で打たせたほうが復調は早そう。

問題はフランコなんだが、できればどこかで使い続けたい。ま、ベンチに置いておくならという前提つきではあるが。スタートのときのバッティングと現状とのギャップからすると、考え込むタイプのようだから、代打一発のプレッシャーのかかるところでの起用より、あまりプレッシャーのかからないところで楽に打たせ続けたほうがキッカケはつかみやすいように思うのだが、こればかりは一種の賭けだから。プロ意識は強そうだから機会を与え続ければ戦力にはなると見ている。つまりただのハズレではない...と。

次期監督

早くも次の監督候補の話題が出るようになった。私も昨日のブログで古いことをあれこれほじくり返したが、こういう話題が出てくるのも、ものすごーくよくわかる。

ようするに石井イーグルスに飽きちゃったのだ。しかも負けがこんでいるから、もう観戦しててもワクワク感がまったくない。どんな野球をするか楽しみ...みたいな気持ちにならない(なれない)。いわゆる模様替えをしたい気分になっているということだ。

ラミちゃんとか古田なんかの名前もあがっているようだが、やはり平石に戻って欲しいという楽天ファンがけっこういるみたいだね。
dot.asahi.com

ま、個人的には、戻すなら平石よりも三木さんが先だろうという気持ちがちょっとある。平石は出ていったけど、三木さんは残ってくれた。こだわりはそこだけなんだけどね...。

とか言いながら、理想なのは、平石が監督で三木がヘッドという組み合わせだったりもする。逆はたぶん違うような。平石は大将向きで、三木は参謀のイメージだから。あくまで私の中のイメージ。

まったく関係ないところから持ってくるとしたら、落合とか桑田とかにやらせてみたい。ま、非現実的なのはわかっているw。あと、これは特に理由はないが、生理的に古田は遠慮したい。

金曜日の呪縛はとけたのか?

さぁ、今日からライオンズ戦。先発はマー君、フライデー・マー君(語呂が今ひとつ…)。

金曜のゲームは途中白星が2つ続いて呪縛がとかれたようにも見えたけど、直前の2つで黒星が続き、また嫌な空気が漂い始めたかも。

ここはしっかり勝って、呪縛を完全にといておきたいところだ。