わしろぐ

ジジイのプロ野球観戦雑記です。身辺雑記もあるよ。/ in Sendai

泣くな宮森…。

ネット環境のない実家に帰省中。ただ、ゲームはBS朝日の中継でチェックできたので、スマホからとりあえず更新…と。

E5-1M

岸投手は通算150勝達成。8回97球1失点での達成は、まだまだ通過点という炭谷のヒロインコメントも満更大袈裟ではないなという内容で、先ずは、おめでとうございました。
今、ノリに乗っているロッテの若い打線を8回97球6安打4三振1失点にまとめたわけだから、岸本人も「俺はまだやれる…」という感覚を持てたマウンドになったのではないか。

ま、4点リードで9回のマウンドを岸から引き受けた宮森のところで決着がつけばもっと良かったのだが。あそこだけは残念だった。
あの宮森が珍しく恐る恐る投げているのを見て、岸もヒロインでコメントしていたとおり、岸の150勝は、自身だけでなく、チームみんなにとって特別なことなんだと改めて実感。
なのでなおのこと、宮森にはあそこをしっかり締めてもらい、「岸の150勝」でみんながハッピーになりたかったところ。
ゲーム後、ベンチ前に選手が整列したとき、宮森だけがちょっと淋しそうに見えて、それがものすごく切なかった。

それにしても浅村をいつまで我慢して使うつもりだろう。この頃は守備の面でも綻びというか、衰えが見える。
純粋に戦力のことだけを考えるなら、代わりの選手はいっぱいいそうなんだが、石井監督にとっては、余人をもって替えがたし…なんだろう。
監督も一皮剥けるタイミングだと思うんだが。鬼になれ石井…。