わしろぐ

ちな鷲ジジイの観戦日誌。身辺雑記もあるよ。

追記(監督交代劇から4年かぁ...)

ブログの設定で、更新した記事の関連記事が表示されるようになっているのだが、今朝更新した愚痴日誌の関連記事として次の記事がピックアップされた。おおぉ、懐かしいね。
www.washilog.com

フロントというのは、石井GMをトップとする部署だと思うが、そこが平石監督から三木監督への交代を決定した理由について話題にしている。そのとき題材にしたのが朝日新聞に掲載されたコラムなんだけど、そのコラムに記載されたこの部分。

要所で主軸が何も起きない内野フライに倒れるという場面が目立った楽天に、1点をもぎ取るための精密なプレーを根付かせる...。成績を残した監督からの交代劇には、そんな狙いが込められている。

皮肉なもので、イーグルスはいまだに「要所で主軸が何も起きない内野フライに倒れる」野球をしているし、「1点をもぎ取るための精密なプレー」は根付くどころか、その芽さえ出ていない感じがする。...というと言い過ぎかな。

目に見えて進歩したことといえば、選手の平均年俸だけか...。しかし、年俸を上げても選手の満足度はぜんぜん上がらずと、そっちでの成果も微妙ときている。

監督交代劇から4年シーズンめに入った今シーズン、4月で借金7の低空飛行が続いているのだが、石井GMがやろうとした強いチームづくりというのは、どこへ向かっているのか。シーズンはまだ始まったばかり。たぶん、石井イーグルス3年めの今シーズンが集大成的な位置づけになると思われる。石井監督自身の総括が楽しみでもあり、不気味でもある。