わしろぐ

ちな鷲ジジイの観戦日誌。身辺雑記もあるよ。

WBCの一次メンバー発表で思ったこと。

金曜日、WBCの一次メンバーが発表された。
もう少し先になるだろうと予想していたが、
思ったよりも早かったな。*1

夕方のテレビニュースに大きな大谷選手と、
そのとなりに栗山監督がこじんまりと映っていた。

まるでドラ1選手とその親...という絵だったね。

最終的には30名を選ぶらしいが、
そのうちの12名が先行して発表されたわけだ。

選手を公平に扱うイメージのあった栗山監督だが、
結果的に選手がランク付けされた格好だなあ…。

...とも思ったが、
メンバーを見たら少し印象は変わった。
特にメンバーの半分を占めた先発ピッチャーね。

普通なら今回のメンバーがさしずめ特Aクラスで、
次の選出メンバーがAクラスということになりそうだが、
ダルビッシュ、大谷、山本あたりは、ま、別格として、
他のメンバーにそこまでのスペシャル感はない。

田中将大が入っていない、
...なんてことは言うつもりないが、
少なくともあれとあれは入るでしょ、というのは何人か思い当たる。

ま、今回、選から漏れたからといって、あまり気にする必要もなさそうだ。

何度も言うけど、楽天選手が一人も入っていなかったから言っているわけではない。あしからずw。

入りましたぁ!

野手だってそうだ。
a村をはじめ、s本、g田、y田(これは該当者が2人)、y川といったところはどうした。

史上最強の呼び声が高いのは、よくよく考えてみると、
単にメジャー組が参加するところからきている印象ではないかな、と思えてきた。

本当の意味での史上最強かどうかは、
次の選出メンバーにかかっていると言っても過言ではないね…w。

それにしても、ダルビッシュの参加はスメシャル感あるね。
ある意味、大谷より影響力は大きい感じがしているよ俺はw。

マー君は特に意識してるんじゃないか。

ま、次の選考では入ってくるでしょう。
ラブコールが結構早かったしw。

あと、松井裕樹と浅村ね....。

ただなあ、WBCで燃え尽きちゃうのが心配だよね。
ま、それは正式に選ばれてから悩むことにしよう。

追伸(2023.1.8 10:50)

上の記事を更新したあと、ソフトバンクの柳田選手がWBCの出場を辞退したというニュースを読んだ。
理由は2023年シーズンに集中するためだという...。

賛否両論ありそうだが、個人的には柳田選手を大いに支持したい。

で、正直なところを言えば、楽天の田中とか浅村あたりからも、
同じような反応があってほしかったなあというのがある。

それにしても、来シーズンのソフトバンクはかなりやばそうだ。
金に物をいわせた大型補強といい、
今回の柳田に代表されるようなベテランのタイトル奪還にかける強い意気込みといい、

楽天の「石井監督の監督業専任」くらいじゃまったく歯が立たない気がしてきたよ。

*1:WBC侍ジャパン1次メンバー】※1月6日発表、背番号順 2)源田壮亮(29・西武) 3)牧秀悟(24・DeNA) 8)近藤健介(29・ソフトバンク) 10)甲斐拓也(30・ソフトバンク) 11)ダルビッシュ有(36・パドレス) 12)戸郷翔征(22・巨人) 14)佐々木朗希(21・ロッテ) 16)大谷翔平(28・エンゼルス)  18)山本由伸(24・オリックス) 21)今永昇太(29・DeNA) 51)鈴木誠也(28・カブス) 55)村上宗隆(22・ヤクルト)