わしろぐ

ちな鷲ジジイの観戦日誌。身辺雑記もあるよ。

こういうお店が好き。



クリスマスイブは、ランチの美味しかったイタリアンのお店のディナーコース...
...にしようと思ったけれど、前日に予約の電話を入れたら貸切の予約が入っていてダメだった。

特にイタリアンが食べたかったわけではない。
ちょうど1週間くらい前にそこのランチを食べたのだが、
味はもちろん、お店の雰囲気が一発で気に入って、
夜はどんな感じのお店になるんだろうと行ってみたくなったのだ。

どうも昔から「隠れ家」的な雰囲気のあるお店に弱い。

どんなお店かというと、

お店自体はそれほど広くなく、
店内は明るすぎず、かといって暗くもない。
調度品は、新しくはないが、かえっていい感じに古くて、
ものすごく流行っている風には見えないが、
気に入って通う人は一定数いるような。
常連の客がいつものようにかよってきて、
帰り際に「ごちそうさま、良いお年を…、年内これが最後なので。」と軽く声を掛けて出ていく。
アットホームと言うほどベッタリじゃないけど、それがまた居心地が良くて。

ようするに、「おぉお、いいなここのイタリアン」となっちゃった。
カミさんに、そんな風な感想を漏らしたら、
どうやら、前に一、二度連れて来られているらしかった。

最近でないのは間違いないが、そのときの記憶はほとんどない。
ただ、言われてみれば、ここにイタリアンがあるのは知っていたような気がする。
老化現象か、やだねぇ....。

いずれにしても、クリスマスイブのディナーコースはお預けとなり、
なら、またランチでも...と、イブの昼に食べに行った。

前回はお肉のコースをライスで食べていたので、
この日はランチパスタにした。



いいね。パスタもうまい。それにボリュームもある。値段も良心的だ。
いいお店を見つけた。...というか、再発見したw。

twitter.com

で、イブの夜用には、その足でF崎デパートの地下まで行き、地元宮城の赤ワイン(大和町ワイン「了美」)と鶏ももとサラダとハードパンを調達。
妹のところからお歳暮にもらったハムがあったので、このくらいで十分。
カミさんと2人、自宅でイブとあいなった。