わしろぐ

in Sendai / ちな鷲ジジイの観戦日誌。身辺雑記もあるよ。

書店で待ち合わせ、町中華というコース。

金曜の夜は、カミさんと待ち合わせて外食というパターンが多い。
一週間働いた自分たちへのほんのご褒美を兼ねて...。

待ち合わせ場所はカミさんに任せるが、
指定されるのはだいたい仙台三越の地下にあるヤマト書店だ。

立ち読みしながら待てるので、待たされても時間を持て余すことがない。
逆に待たせたとしても、気をもむ心配が少ない、そんな理由だろう。
ま、こっちも同じなので「了解」と返す。

どちらか先に着いた方がラインで「到着」を知らせる。
「今から出る」とか「もうすぐ着く」と返信があったら、
そのまま立ち読みを始めればいい。

返信がないときは、向こうも着いたのだろう。
返信するより、探した方が早い、そんなサインである。
さほど広い店内でもないので、一回りもすれば見つけられる。

私は立ち読みしながら時間をつぶすよりも、
文房具コーナーを見ていることが多いから、
すぐに見つかる。

本好きのカミさんは、まあ、文庫のコーナーに行けばだいたい見つかるな。

6時前に合流。
この日はちょっと寒かったので、
自宅と反対方向へはあまり行きたくない。

...ということで、「成龍萬寿山」で中華を食って帰ることになった。

若いときはよく呑みに来ていた昔からある中華料理店だ。
とにかくボリュームが多い。
2人で3品も注文すればシェアして腹いっぱい食べられる。

今回の3品はこれ。ちなみにアルコールは抜き。

まあ、いい感じに満腹。
というか、ちょっとキツイかも…w。

成龍萬寿山本店