わしろぐ

ちな鷲ジジイの観戦日誌。身辺雑記もあるよ。

この頃のコロナ感覚...

さあ12月。今年も残すは1ヶ月。
光のページェントだ、
クリスマスだ、
忘年会だ、
...となにかと慌ただしい(仕事はどうした...)。

そんな中、
この頃、コロナに対する警戒感が薄くなっているなあと感じていたが、
私の周りでも感染者が増えだした。

若いのが続けて発熱したかと思ったら、
日ごろ感染予防や健康管理を指導する立場の管理職まで発症した。

前より「飲み会」のハードルが下がっていた。
まず人数制限がなくなった。
普通に飲み会が企画されるようになった。
で、今月下旬に忘年会の日程も決まった。

そんな夜の行動の活発化が影響したんじゃないかと思っていたが、
感染ルートはどうやら家族(子供)らしい。
子供が感染して、自宅で親が感染する。
そんな流れ...。

親が飲み屋で感染し、
それを子供にうつす、
(で、子供は学校休む...)
そういうパターンじゃなかったのが救いだなw。

その点、我が家は子供は独立して家にいない。
カミさんと私の2人だけ。
どちらも最低限ではあるが、マスク、手洗い、うがいの感染予防はまめにやっている(つもり...)。
今のところ無事である。

周りでは5回目のワクチン接種という話題が出るようになった。
けど、私は3回で止まっている。4回目の予定はない。

接種券は来ていると思うが、どこかに紛れてしまった。
真剣に探していない時点で、コロナ警戒が薄くなっている証拠である。
ま、「4回めはしなくていいかな...」と実は思っている。とくに理由はない。

いや、もしかすると、ニッポン、ニッポン...のワールドカップのせいかも。
プレーヤーはもちろんだが、
エキサイトする観客のだれひとりマスクをしていない。
ノーマスク、密集、密接、しかも大歓声...。

まるで、コロナ前のワールドカップを見ているかのよう。
しかし、今まさに戦っている競技場の映像なのだ。

変な話、
「コロナなんて恐くない」
「マスクなんてはずしてしまえ」
テレビ画面に煽られている感じがしないでもない。

ワールドカップが終わったとき、
日本人サポーターたちが戻ってくる。

ワールカップクラスターはあるだろうか...。
日本代表のスペイン戦も気になるが、そっちもかなり心配だ。
...スペイン戦勝ったね。心配はとりあえず寄せておくかなw。