わしろぐ

ちな鷲じいさんの身辺雑記

涌井のトレードは正直すごく淋しい...

涌井のトレードが発表された。相手は中日ドラゴンズの阿部寿樹内野手。このブログを長く読んでくださっている読者にはお分かりだと思うが、私は、涌井が楽天の先発ローテピッチャーの中では一番好きなピッチャーだった。
年齢は36歳、正直、楽天で現役を終えるだろう、最後まで応援できるだろうと思っていたから、トレード話は驚きであったし、それ以上に意外でもあった。石井監督のコメントによると、中日からのラブコールで成立したトレードだったらしい。だとすれば、これは喜んでいい要素もあるんだが、やっぱり淋しいねえ。

相手の阿部選手、正直な話、セ・リーグのゲームは交流戦以外ほとんど観ないので、残念ながらまったく知らなかった。なんでも岩手県一関市の出身だとか。東北出身の選手で、楽天としては喉から手が出るほど欲しかった右の好打者でもあるようだ。web上では悲鳴を上げる中日ファンも多かったようだから、阿部選手の実力、人気共に涌井と見合う選手なのだろう。いや、そうに違いない。...とは言っても、中日ファンにしてみれば「阿部>涌井」評価のファンの方が圧倒的に多そうな反応ではあったw。けどね、それは楽天ファンにとっても同じことなのだ。少なくとも私にとっての涌井はそれくらい、もしくはそれ以上の存在だった。

しかし、トレードが成立し発表されたからにはしょうがない。涌井を温かく送り出してやるだけだ。楽天ファンとしては、移籍先がセ・リーグだったのがせめてもの救いである。そして中日ファンにはどうしても言っておきたいことがある。それは、涌井は期待を裏切らない選手だから安心してほしいということ。私が保証するw。「期待」には、チームを勝利に導くという意味に加えて、ファンにならずにいられないくらい魅力的な選手であるという意味の期待も含んでいる。だいじょうぶ。あれだけ雰囲気があって、頼もしくて、マウンドで絵になるピッチャーを私はほかに知らない。

そして、阿部選手は温かく迎えたい。そっちも中日ファンには安心してもらっていい。岩手県出身となると、銀次と同郷である。岩手ゲームでは大いに盛り上がるに違いない。楽天は東北のチームだが、岩手県といわず東北出身のレギュラー選手自体が銀次以外に見当たらない。ここは地元出身の選手としても頑張ってほしいね。それから貴重な右バッターとして、「おぉぉ....、ようやくそれらしいのが入ってきたか...」と言わせてほしい。勝負強いところをバンバン見せて東北のファンを喜ばせてほしいし、安心させてほしいね。

くどくなるけど最後にもう一度、涌井秀章投手、楽天イーグルスに来てくれて本当にありがとう、中日に行ってもきっと応援するから。