わしろぐ

ちな鷲じいさんの身辺雑記

戦力外が一転「楽天キラー」候補ってが...

8日に楽天生命パークで行われたプロ野球のトライアウト。釜田佳直楽天から戦力外になった選手も受けたわけだが、ピッチャーでは福井や渡邉佑樹なんかがナイスピッチングを見せたようだった。
で、先日だったか、渡邉佑樹をソフトバンクが調査しているというニュースが流れて、嬉しいような、不安なような、もしかしたら...みたいな、いわゆる複雑な心境になったのを覚えている。まだ、正式発表はないようだから、慎重に調査中(検討中)ということなんだろう。
hochi.news

左のサイドスローというのはやはりどの球団も喉から手が出るほどほしいのだろう。しかし、高梨雄平の二の舞いは避けたい、って、もう矢は放たれた後なんだけどね。
渡邉佑樹のサイドスロー転向は、石井監督のアイデアだったと記憶しているが、その渡邉を楽天は手放した。個人的な感想、印象で言うと、素材としては悪くないが、実戦での適応力というか、ま、多分にメンタル的な面だと思うが、渡邉はそこの適性に欠けていた。球団もここ数年、実戦での適性を見てきて、今シーズン限りと判断、先日のドラフトで獲得できた選手に希望を託す方針に転換したということだ。

ただ、フィジカル的な問題ではないので、何かきっかけがあれば化ける可能性は残っている。戦力外というプロ野球選手にとってのどん底を知った渡邉にどんな変化が起きるか。球団(環境)が変わって、しかもそこが育成には定評のある球団(環境)だったら、もしかしたらもしかする...。
イーグルス戦士なんだから、ファンとしては応援したいのはやまやまなんだけど、「楽天キラー」にだけはならないでほしい....と、身勝手な感想を持って読んだ記事だったw。