わしろぐ

ちな鷲じいさんの身辺雑記

釜田佳直の戦力外にショック...

楽天のアルトゥーベは俺だ

www.sponichi.co.jp *1

ドラ5の平良の指名で早速反応したのが茂木。

そうだよなあ。「楽天のアルトゥーベ」は自分だと自負していたと思うから...。実は、私もアルトゥーベの動画を見たとき、真っ先に浮かんだのは茂木のフルスイングだったよw...。

茂木と平良のライバル関係は、ちょうど山崎と小深田のそれに似ている。というか、茂木は小深田とのショート争いに敗れてサードへ退いた印象もあるから、今度サードも譲るようなことがあったら、それこそ「居場所がなくなる」という展開になりかねない。

これから繰り広げられようとしている競争は当人には厳しいことだが、チームにとっては良いことのはずだし、ファンにとっても楽しみな競争である。いい競争ができたらいいと思う。結果、どちらでもいい、レギュラーを勝ち取った方が...

楽天のアルトゥーベ」を名乗ってよしw。

戦力外

full-count.jp

新戦力の指名が終わったかと思ったら、今度は戦力外の発表だ。来る者あれば、去る者あり、これがプロの世界である。サブちゃんや森雄大もそうだったが、創立以来のイーグルスファンからすると、今回のメンバーも、「とうとうこの日が来たか...」という感じが強い。

特に釜田佳直な。イーグルス投手陣の中では一番と言っていいくらい好きな投手だっただけに、ショックである。ただ、まだ「やれるだろう...」と安易な言葉は出てこない。今シーズンの登板では、かなり限界っぽかったから...。今後の進路については分からないが、とりあえず「お疲れさま」、そして「ありがとう」と言いたい。

内田靖人はちょっと残念。彼には「もっとやれたんじゃないか...」という気持ちが正直ある。岩見と共に現役続行を希望しているというニュースも読んだ。和田とオコエは残るのか…、戦力外と残留の決め手は何だ、そこが気になる。

日本シリーズ初戦

Y5−3B

山本で2勝と目論んでいたはずのバファローズ、その山本で大事な初戦を落とした。波乱の幕開けとなってしまった。

山本自体がアドバンテージと言われるバファローズなだけに、この敗戦のダメージは相当大きい。加えて、山本の降板がイニング途中のアクシデント的だったことを考えると、ただの「1敗」以上のダメージがありそうだ。

調整が上手くいかなかったか、冴えない印象の山本だったが、それでも山本は山本、常に7回くらいはやりくりしてきたのだ。4回4失点でマウンドから引きずり下ろしたヤクルトの対応力を「さすが」と褒めるしかない。

山本vsヤクルト打線(特に村上)のシリーズというのが前評判。山本を打ち崩し、最後は村上のホームランも飛び出した。ヤクルトやや優勢の印象を残した第1戦であった。バファローズにとって、今夜の勝敗の意味はかなり大きい。

*1:楽天・茂木、即戦力ルーキーに危機感「居場所なくなる」 打撃見直し定位置再奪取誓う」(20日のドラフトで強打の内野手・平良(NTT西日本)が5位指名され、新たなライバルの存在に茂木が危機感を抱く...という内容。) リンク切れに備えてタイトルと記事の概要を残しておきます。