わしろぐ

ちな鷲じいさんの身辺雑記

2022シーズン振り返り(続き...)

先日、「振り返り(2020シーズン)」と題して記事を更新したが、思いつくまま書いたために、書き漏らした選手がけっこういたようだ。決して、忘れていたわけではない。思い(印象)の強かった選手が先になってしまった、それだけ。今回の順番もそうだ。特に意味はない。思いつくまま、残りを書く。

投手
  • 西口のセットアッパーは確立できたシーズンだった。松井裕樹のあとのクローザーも任せられそうな安定感とオシの強さがあったと思う。
  • 鈴木ソラも成長したひとり。「困ったときのソラ」的なドサクサに紛れた強さという面もないではないが、パフォーマンスの高さは天性のものであり、これを生かさないのはもったいない。それくらいの素材なのはわかった。自信をつけた感覚のゲームもいくつかあったので、あまり考えすぎずに素直に伸びてほしい。
  • 宮森は宝くじに当たったくらいの掘り出し物だった。身体能力的にもメンタル的にも、よくぞ掘り当てたという逸材だ。こういうのをドラフトでしっかり獲得してくれたら強くなると思う。
  • 藤平が久々に一軍で投げた。ボールはさすがの威力があってある意味安心したが、任せられる(勝てる)ピッチャーか、という面からはまだかなり物足りない感じがあった。ルーキーのときならともかく、そろそろ「逞しさ」が出てきてもいいころなんだが...。
野手
  • 大地はやっぱり必要な選手。改めて感じた。数字的な面には現れない貢献度を私は感じているw。
  • あと岡島ね。彼も同様。以前もここで書いた気がする、ロッテの荻野、西武の栗山、あそこらへんと同等の存在になれるし、なってほしい。
  • 歯がゆかったのが茂木である。チームを勢いづけるキャラクター(存在)であるのは間違いないのだが、いかんせん、期待に応えてくれる確率が低すぎる。ようするに勝負弱い。もったいない選手のひとり。
  • 辰己は進歩した。が、彼に対する期待からすると、まだまだ...。守備の貢献度は変わらず高い。加えて攻撃でのインパクトも出てきた。あとは「嫌らしさ」だな。そうすればトップバッターか2番に定着できるし、定着してもらわないと。
  • キャッチャー太田もいまひとつ存在感が足りない。手術後の経過のせいもあるのか、セカンド送球の精度、スピードは格段に落ちた印象があるが、気のせいだろうか。
  • 銀次。「代打の神様」の時期もあったが、定着しなかった。守備の動きに「衰え」が隠せなくなっているが、あれはコロナ離脱の調整不足だろうか。
  • カズキは「外野の村林」という存在になってきた。何か特徴を作りたい。


書きたいところはだいだい書いた。あの選手がいないぞ、というのがあったらコメントくださいw。