ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。

楽天イーグルス戦を中心にプロ野球観戦日誌を書いています。ゲームがないときは身辺雑記も書くよ。

川島節、川島慶三のお立ち台は何度でも見たい。

川島節

  • E8−1G

次のゲームに何点かとっておきたいくらいの得点...は、ほんと久しぶりに見るスコアです。

Gの強力打線を6回1失点にまとめた早川のピッチングも良かったし、今シーズン2回めのスタメンだった川島の3ランがやはり勢いをつけましたね。ヒロインもこの2人でした。

優等生タイプの早川が、ファンへのメッセージを求められると、おもむろに尻のポケットから川島のタオル取り出し、宣伝を始めたのは意外でもあり、愉快でもありました。
そして、その川島のあまりにも場馴れしたコメントが面白かったし、楽しかった。特に、ホーム初のお立ち台の感想を聞かれ、「楽天さんは、楽天ポイント10万円分もらえるので、それがとりたくてとりたくて...。嬉しいでーす。」というくだりは最高に笑えましたw。今年39歳、そんな年齢にはとても見えませんが、チームメイトだけじゃなくて、楽天ファンにも大きな元気をくれる選手が加入したなという感じです。最後のファンへのメッセージ、「もう優勝しましょうね、みなさーん...」の呼びかけにジーンと熱くなりましたw。

選手別の感想

西川

ノーヒットの西川。ただ、さすがに出塁に特化した選手というだけあって、四球は2つ選んで得点にも絡みました。チャンスメイクという意味では最低限の仕事はできていると思います。しかし、チャンスで回ってきたときの一本となると、相変わらず期待薄ですね。11連勝していたころの西川との違いはそこです。チャンスメーカーでもあり、ポイントゲッターでもある。そんな西川には「あともう少し」という感じでしょうか。

茂木

マルモとの入れ替わりで一軍に戻ってきた茂木が8回に出てきてヒットを打ちました。とりあえず朗報でしょう。スタメン起用でないので、完全復活というイメージでも無さそう。フィジカル面は戻っていて、あとはメンタルというかキッカケ待ちという感じでしょうか。
川島のセカンドも面白そうなので、交流戦後の陣形には幅が出てきそうですね。

勝率5割を目指して

さぁ、今日のGとの第3戦、先発は則本です。その則本のイメージ、以前に比べるとチーム状況にあまり左右されなくなっている印象はあります。責任感の強さ(?)から、周りの期待が大きいゲームほどピッチングの出来に波がありましたが、その幅が今シーズンは小さくなっているイメージです。いい傾向ですね。
ここは最低限、ゲームを作って、昨日の攻撃の勢いを今日のゲームにも持ち込めるようなテンポのいいピッチングを見せてほしいです。
今日勝てば交流戦の勝率は5割のようです。なんと、相手のGも勝って5割という同じ状況のようなので、「5割合戦」の様相になってきました。それこそ「譲らない」精神で向かっていきましょう、みなさん。