わしろぐ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。身辺雑記もあるよ。

収穫は岩見の2安打のみか...。

  • L6−3E

島内がブレーキでしたが...

先日のブログにも書いたけど、浅村の「ゲッツー病」は島内に感染っちゃったようです。ライオンとの3連戦ではそれが如実に出てしまった、このカード、負け越しでした。
一番・西川と3番・浅村が今のチームを牽引していることは、2人の打率を見れば一目瞭然です。で、ライオンとのカードではその島内がブレーキになっていたようにも見えました。
しかし、島内の打率、打点ともに、西川、浅村の2人に次ぐ第3位に位置しています。移籍してきたばかりの西川の活躍は極端だったし、3番浅村も一気に調子を上げてきました、4番にいることの居心地の悪さをいつもこぼしている島内のことです、2人の好調さにペースを狂わせてしまったというのは考えられますねw。先日、ようやくホームランも一本出ました、昨日のゲームでも強い打球は打っていたし、そこまで深刻に考えなくてもいいと思っています。島内が自分のペースに戻るのに、さほど時間はかからないでしょう。そもそもそういうキャラじゃないでしょw。もうしばらく温かい目で見守っていきます。

岩見が収穫

ということで、昨日のゲームでの収穫はやはり岩見でしょう。果敢にバットを振っていく姿勢はこれまでの岩見には見られなかった変化でしたが、それがいきなり結果にも表れました。初スタメンでいきなり3の2は立派です。できすぎですw。オープン戦であれだけ好調だった和田恋が一本も打てなかったヒットをいきなり初打席でクリアして、3打席でも打って「まぐれ」でないことを証明しました。これは岩見にとっても大きな自信になったはず。
名前を変えてブレークした山崎にあやかってか、岩見も名前の漢字を変えて今シーズンに臨んでいます。楽天ゴジラ楽天エルドレッド、この2人の大砲がアベックホームランを打つ日を夢見て、昨日のゲームは収穫あり、良しとします。

ライオンのリリーフ陣は手強かった。

先発の瀧中は2回裏のピッチングが残念でした。先頭の山川を討ち取ってホッとしたのか、5番外崎から8番柘植まで連打を許します、しかも8番柘植には最悪の2ランまで献上、一気に4失点はもったいなかった。
その後はなんとか5回まで無失点に抑えますが、今度はリリーフ陣がなあ...。味方が3回、4回と1点ずつ返して2点差まで詰め寄るも、6回からリリーフした石橋が1失点、8回に福井が1失点と吐き出して最終回を迎える展開はカード初戦と同じ典型的な負けパターン。しかも、今のライオンのリリーフ陣はうちの勝ちパターンに引けを取らない強力リリーフ陣です。こうなるといけませんね。

ま、何度も言いますが、岩見の活躍で良しとしますw。