わしろぐ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。身辺雑記もあるよ。

連敗しない、ビッグイニングで逆転、...今シーズンの「楽天あるある」です。

  • L3−7E

連敗しな〜い

実況のアナウンサーがよく言うコメントですが、本当に今シーズンの楽天は連敗しません。気持ちの切り替えが出来ている証拠だと思うのですが、石井監督の普段のコメントを聞いていると、選手たちにも石井イズムが浸透してきているのだろう、そんな印象を受けています。石井イーグルスも今シーズンが2年目、石井監督は想像していた以上に優れた監督だと思います。

今シーズンの楽天の特徴として、「連敗しない」というのに加えて、「ビッグイニング」を作るというのがあるような気がします。と言っても、まだ2回めくらいかなw。前回は日ハムとのカード3戦め、3回に6得点のビッグイニングを作りました。しかも、2点先制された裏のイニングでした。
で、今回は4回に5得点、しかもしかも、前回と同様で逆転でのビッグイニングでした。観戦している側からしたら、これは非常に盛り上がる展開ですね。

ビッグイニング

その4回の攻撃は、5番マルモから始まる打順、マルモがヒットで出塁すると、続く6番大地が2ベース、7番辰己が2点タイムリーと続き同点にします。チャンスメーカーとポイントゲッターの顔ぶれに大地と辰己がいるのはいい感じでしたね。復調もしくは調子を上げるキッカケとしてはこれ以上ない展開でした。ま、これができる選手たちだからこそ、多少調子を落としていても2軍へ落とさない、落とせない、そういうことでしょう。
このあとも、この日スタメンだった村林がヒットでチャンスメーク、今シーズン初マスクの太田はバント失敗でアウトになるも、西川が死球を選んで1アウト満塁にすると、小深田が犠牲フライで逆転しました。で、前回カードあたりからソックリさんではなく本物になった浅村が2ベースで2点追加、ビッグイニングになりましたw。

今回は終盤にホームラン2発でダメ押しも...

ビッグイニングのあとに追加点が出ないパターンは前回カードでしたが、今回は8回にこの日初マスクの太田の一発、9回にはアサムランが飛び出しダメ押ししました。
カード初戦は失点してはいけない場面でリリーフ西口が押し出し失点でしたが、昨日のカード2戦めでは逆パターン、どうしても欲しかった追加点を太田が一発で呼び込みます。結局、この日のヒロインは太田でした。それだけチームにとっては大きな追加点になったということでしょう。

涌井は6回まで

先発の涌井ですが、6回87球2失点で2勝めです。ほかのピッチャーとの流れからするとできれば7回は行ってほしかったところですが、途中で一度ベンチにさがるアクシデントがあったことを考えると、ま、よく投げたという評価でいいでしょう。いまだ引っ込んだままの開幕投手の代役から始まった今シーズンでしたが、開幕投手がだれだったかを忘れさせるパフォーマンスはさすがの涌井様といったところですねw。

リリーフ陣は手堅く

涌井のあとをリリーフしたのは7回ソン、8回ブセ、9回松井裕樹でした。2点差でのソンは当然、3点差にしてもブセも当然、で、4点差になっても松井は、かなり手堅い采配に見えました。西口と安楽を温存したという見方が適当なのか、西口と安楽では心配だったという見方になるのか...。ま、後者でしょうね。ライオンは弱ったところを見せたらたちまち襲いかかってくるところがあるから。ま、それでも、選手層は確実に厚さを増してきていると実感している今日この頃だったり...w。