わしろぐ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。身辺雑記もあるよ。

瀧中の反応が自虐的で笑った...w

練習試合が始まってしまいましたので、更新するタイミングを無くしていました。少し古くなりましたが、webニュースで気になったやつから。

www.nikkansports.com
いいですね、この反応。瀧中らしい、...とも感じたし、瀧中ってこんなキャラだっけ?...というのもあるかな。「光栄です。」だと優等生すぎる感じだけど、「自分がファンなら選ばない」というのはちょっとひねくれた感じというか自虐的で面白い反応だと思いました。
しかし、だからといって、やる気がないわけではない、選ばれたら全力でやる、瀧中はそういう選手です。
ただ、今のところは、選ばれたら考えます、選ばれる前からはしゃいでも選ばれなかったときに恥ずかしいから...、そんな気持ちもどこかにあるのかもしれません。
ま、ファンとしては、侍監督が注目しているというだけで誇らしいんですけどね。瀧中も本音はうれしいに違いありません。自信になっているはずです。栗山監督、ありがとうw。

ただ、石井監督も心配していたように、3月の遠征は新型コロナの影響もあるので、選ばれると正直心配です。レギュラーシーズンの開幕には万全の体調で入ってほしい、楽天ファンとしてはそっちが最優先ですから。
そもそもスポーツイベントの一つとして、WBCの人気度ってどの程度あるのでしょう。日本代表という肩書が選手個人にとっての励みや自信(誇り)になるのは理解できますが、WBCでの戦績には個人的にほとんど興味がありません。というか、ペナントレースへの影響が逆に心配になっているような有様で、できればペナントレースに向けた調整に専念させてやりたいな...、などと思っているくらいです。

で、瀧中の今回の反応の本心がそこらへんにあるとしたら、個人的には瀧中をますます応援したくなりました。不謹慎かもしれませんがw。

ワールド・ベースボール・クラシック - Wikipedia