わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌と身辺雑記

山崎ぃー、お前は最高だぁー!!

Bs3−4E

ヒロインは則本だった。何年ぶりかの二桁勝利、10勝目だ。しかし、俺は認めんぞ。だれがなんと言おうと昨日のヒーローは9回裏2アウトから福田の同点打を阻止した超ファインプレーのショート山崎である。本当にあのプレーにはシビレタ。しばらく我を忘れて山崎に拍手を送っていた。あれは逆転サヨナラホームランでホームに帰ってきたバッターと同じくらいのヒーローに違いなかった。

百歩譲ってノリが7回118球1失点で降板していれば、そのあと追い上げられてギリギリの勝利だったとしても、ノリのヒーローで文句はなかったろう。ところが、何を考えたかノリは8回もしゃしゃり出てきた。そして杉本に2ラン、1点差にして降板した。前にも似たようなことがあったな...。

「過ぎたるは及ばざるが如し」と言うではないか。「腹八分目」と言うではないか。欲をかいては駄目なのだ。昨日のノリは7回1失点でちょうど良かった。もう少し投げられるかな...くらいの余裕もあった。3点リードでゲームも終盤、残り2イニング、あそこは気持ちよく勝利のリレーに入ればよかったのだ。結局は安楽、ソンとつぎ込んだ。彼らを楽にするつもりが、必要以上の負担を掛ける結果にしてしまった。*1

いつもはスパッとスイッチする石井監督が珍しくノリの続投を容認した格好だが、その意図は何だったか。昨日から始まったオリックスとの3連戦は、CSでの短期決戦を想定していたはずだ。ノリには「エースの矜持を見せてみろ」もしくは「最低でも8回、できれば完投」、そんな司令が出ていたのかもしれない。

ま、結果は勝ったのだから、これ以上は何も言うまい。それに、ノリの8回続投で1点差まで追い詰められなければ、9回裏の緊迫した展開、山崎の超しびれるゲームセットは味わえなかった。何度も言うようだが、それくらい山崎のファインプレーには久々に身体が震えたよ。ありがとう山崎、そしてそういう展開にしてくれたノリにもついでにありがとうww。

とにかく勝てて良かった。これで今日の山本にも思いっきりぶつかっていける。前回、今回と、なんとか宮城攻略の目処は立ちそうだ。あとは今日の山本の攻略だ。できれば山本に嫌なイメージを植え付けておきたい。逆にこっちは「苦手意識」だけは持ちたくない。

いや、だめだ。そんな消極的なことでどうする。今日のうちに攻略しちゃおうよ。ここは昨日の勢いに乗って畳み掛けるタイミングだ。岸ならゲームを壊すことも、欲をかいて失敗することもないだろうw。そして今日も頼むぞ山崎剛。

*1:昨日のノリは中盤くらいから良くなっていった。何より味方の得点した裏に失点しなかったのは大きいね。次は球数を完投ペースでよろしく。そうでなければ腹八分目を厳守のことw。