わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌と身辺雑記

胃カメラ

年に1回の人間ドック。いつもお世話になっているクリニックに8時に予約。朝食を抜いて検体の尿と便を大事に持って出かけた。

胃カメラの検査が入った標準のコースに今年はオプションでガンの「腫瘍マーカー検査」を2つ追加した。PSAという前立腺ガンのやつと、CEAという胃ガン、大腸ガン、肺ガンなどのやつ。ネットであらかじめ調べてみたら、腫瘍マーカーの中でもこの2つが有用ということだった。

ま、標準コースの検査にもガンのチェック機能はあるわけで、だぶってやる必要があるのか?という意見もあるだろう。私も若い頃はそう思っていた。ただ、シニア世代になるとなかなか簡単には割り切れない。「大丈夫!」という証は多ければ多いほどいいのだ。問題なければそれはそれでいいわけだし、万が一異常数値なんかが出て、それがキッカケで助かったとなればこれはラッキーだ。そういう考え方に変わった。

ただ、検査一個の追加料金が3,300円なので決して安いわけではない。ま、シニア世代に許されたぜいたくと思えばいいかな。最近は飲み会もぜんぜんないし、2回分の飲み代くらいに考えれば安いもんである。

胃カメラは「口から」派である。中には「口から」だと辛いので「鼻から」という人もいるようだが、私に言わせれば「鼻から」の方がだんぜん恐怖である。「鼻から牛乳」の違和感も半端ないが、カメラなんかを鼻から入れられたら気絶してしまいそうだ。

「鼻から」を選択する人の理由の多くは「カメラが喉を通るときの違和感が少ない」ことだという。私はやったことがないので比べようもないが、鼻からの方がカメラは小さいらしいので、喉を通るときの負担は楽だという理屈はわかる。きっとそうなんだろう。

私は先生からもお褒めの言葉をいただくくらい検査がスムーズに進むタイプである。カメラが喉を通るときもリラックスした状態でスルリと抜ける感じだ。「コツ」を身体で覚えてしまったのかもしれない。これも一つの才能といえば才能である、どうだすごいだろうw。

f:id:uesugi_rintaro:20210917205045p:plain
私は口から派です。

そんな私も今回胃カメラを担当した先生にできれば止めてもらいたいことが一つだけあった。喉からカメラを通すときに先生が「はい、少し気持ち悪くなりまーす...」と言うのはどうなんだろう。

あれはあまり良くない。心の準備を促しているつもりかもしれないが、私のような「スルリ派」も一瞬、気持ち悪くなるような錯覚に陥りそうになった。いわば暗示みたいなもので、なんともないと思っていても「気持ち悪くなりまーす」などと言われながら異物を通されると、そうでないのがそうなってしまう...みたいな。

シンプルに「はい、喉を通りますよ...」でいいのだ。もしくは、「はい、いいですねえ。その調子です...」とか。何事もないように接すれば何事もないように事は進むものである。

胃カメラ検査のときって診察室を暗くするので、なおさら変な暗示にかかりやすい。先生....、頼みますよ。