わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌と身辺雑記

クラスター回避

G0−2E

例によってテキスト速報チェックのみにて。
「ワクチン瀧中」の効果は期待どおりだった。なんとか3連敗(クラスター)を回避して仙台へ戻れる。瀧中の6回3安打8奪三振無失点は例えるなら発症予防効果7割台のアストラゼネカ並の効きめだったといえる。登板機会はそれほど多くないがゲームは壊さない。副反応をそれほど心配せず使えるのがありがたい、みたいな…。あと「ワクチン瀧中」の効果を高めた足立の働きも忘れてはいけないだろう。「ワクチン瀧中」の効能だけで6回8つの奪三振はありえない。それに前日のノリの感染には相方である田中の単調な配球も原因の一つにあがっていた。

この日の勝利のリレーは「瀧中→酒居→ソン→松井裕樹」だった。先発からの「変わりっぱな」にだれを持ってくるか、石井監督はそこに神経を使っているようにも見える。そして酒居はその期待に見事に応えている。

楽天の先制点は茂木のホームランだった。2点目は浅村のタイムリー。チームのキーパーソン2人のところで得点できたのも収穫だった。次につながる得点だった。例えるなら....、これはやめておくかw。

今シーズンの「セ・」ウィルスは例年になく手強い印象である。変異した可能性もあるのでここはしっかりワクチン接種をしておきたい。幸い仙台に戻れば予防効果9割台の「表ローテ」ワクチンが控えている。これをしっかり接種すれば感染はほぼ抑えられるはずだ。たとえば「ワクチン涌井」、最近副作用が数例報告されて心配したが、もともとの予防実績からすれば気にすることもないだろうw。また、アメリカの大手製薬会社製「ワクチン田中」の信頼性は接種するたびに上がっている。認可されたばかりの「ワクチン早川」の効果も期待どおりで予防効果割合だけならチームNo.1である。これで感染拡大なんてことになったらオリンピックなんて開催できないよ...っていったい何の話?。

さいごに一言。ドラゴンズよく頑張った。できればもうひと押しほしかったが、贅沢は言うまい。