わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌と身辺雑記

立ち食い蕎麦

普通の蕎麦屋さんではなく、駅の立ち食い蕎麦をときどき利用する。便利だからというのもあるが、私の場合は「食べたくなるから」という理由で利用することが多い。
大きな駅には普通数軒の立ち食い蕎麦屋さんがあるわけだが、どこも同じかと言われれば、それは違う。ここの立ち食い蕎麦が「旨い」、もしくは「好き」というのがある。蕎麦好きの人ならすぐに納得することだと思う。

仙台駅では1階南側にある立ち食い蕎麦が好きだった。ところが1階フロアの改装工事が終わってみたら、その蕎麦屋さんはパン屋さんに変わっていた。どこかに場所を移したのか、はたまた撤退したのかは不明。ここの「朝そば」が好きだった。
仙台駅には2階にも立ち食い蕎麦があるが、こっちはあまり行かない。それよりも仙台市民のソウルフード「神田の蕎麦」がある。ここも立ち食い蕎麦。名掛丁通りの入り口にある「神田の蕎麦」は駅からもすぐなので、今はそっちで食べることが多くなった。こっちの「朝そば」もいける。
www.washilog.com

最近仕事で行く機会が増えた盛岡。盛岡駅にもお気に入りの立ち食い蕎麦屋さんができた。

「そば処 はやて」さん
f:id:uesugi_rintaro:20210503095209j:plain
新幹線改札の南口にある立ち食い蕎麦のお店だ。おばちゃんが一人でやっている。最近は盛岡駅で蕎麦を食べるときはほぼここだ。通勤者や旅行者といった駅を利用する客よりも駅前で働く人だったり駅周辺に住んでいるいわゆる地元の人っぽいお客さんが多いなあという印象。

f:id:uesugi_rintaro:20210503095214j:plain
私はここで「めかぶ蕎麦」のネギ多めを頼む。ネギの量を加減してくれるサービスがうれしい。加えて、おばちゃんは「生姜入れる?」と必ず聞いてくるので、それもお願いする。お汁がうまい。ついつい飲み干してしまうくらい。盛岡駅で立ち食い蕎麦を食べたくなったら思い出してみてください。
ちなみに盛岡名物「じゃじゃ麺」も食べられる。私はまだ食べたことないんだけどね...w。