わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌、ときどき身辺雑記

則本のアクシデントが唯一のニュース...みたいな。/ 震災から10年か...

震災から10年か...

今日で東日本大震災からちょうど10年。もうそんなに経ったのだな....。長かったような短かったような。10年も経ったなのか、10しか経ってないなのか...。

地震のときはデスクワークだった。背中の壁面書庫から書類が飛び出すんじゃないかとヒヤヒヤしながら机の下に潜ったことを思い出す。揺れがおさまってオフィスから近くの公園へ避難した。そこがオフィスビルのあるエリアの指定避難場所だったと思う。しばらくそこに待機していたが、オフィスビルは閉鎖されてしまったのでその場で解散となり帰宅した。

自宅マンションは無事だった。部屋にいた息子は愛犬と一緒に外へ飛び出したようで、愛犬を抱いて駐車場にしゃがみ込んでいた。
そのとき受験浪人中だった息子も今や就職して東京で一人暮らしである。そう考えると随分昔のことのような気もする。息子の抱いていた愛犬はもういない...。

震災から2年めに楽天が日本一になった。そのときの胴上げ投手がマー君だったが、そのマー君が8年ぶりに楽天に帰ってきた。10年経ったのだ。やっぱり10年というのは特別だな...。

則本のアクシデントが唯一のニュース...みたいな。

昨日のロッテとのオープン戦は裏の2番手・則本が先発だった。ところが、5回途中に打球を右膝に受けて緊急降板したようだ。
1アウト1、2塁の場面で起きたアクシデントだったが、1アウト満塁にしてマウンドを西口に譲る形になってしまった。

負傷した則本には気の毒だったが、西口にとってはチャンスが巡ってきた格好だ。ここでピシャリと後続を抑えるナイスピッチングを見せてくれたら監督の評価も俄然違ってくるところなんだが、なんとなんと、押し出し、タイムリーと続けてたちまち3失点だった。

緊急登板で準備不足というのはもちろんあったかもしれないが、なんだかなあ...。やっぱそうなるか...という感じである。ちょっと「持ってない」感漂う西口だ。

で、肝心の則本だが、右膝に打球を受けるまでは4イニング無失点に抑えていたわけだから調整は順調に進んでいると見ていいだろう。あとは打球を受けた右膝の状態が一日たってどうかということだ。

f:id:uesugi_rintaro:20210311055450p:plain
やっちまったぁ...