わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌と身辺雑記

マー君の3番目のお相手

マー君のブルペン、3番目のお相手は石原だった。
1番目が太田、2番目が下妻だったわけだけど、この順番はどうやって決まるのでしょう。もしかしたら昨シーズンの出場回数の多い順か?

石原もレジェンド田中の一球一球に感激しまくりだったようだが、前の2人のように過度に恐縮する場面はなかったみたい。というより逆に「ナイス ストップ」とワンバウンドを止めたキャッチングを褒められたようで…。

球団カメラマンから「打てそう?」という問に「打ちます、僕は打ちます」と応えたエピソードが記事の中で紹介されているが、昨日のロッテとの練習試合でもいい感じのバッティングを見せていた。「強肩で、長打も打てるキャッチャー」というアピールは今のところ出来ている...。

ま、太田が正捕手の本命であるのは間違いないが、リードのいい下妻、強肩で長打の打てる石原...と使ってみたくなるキャッチャーが後ろに控えている。はたしてマー君の良さを一番引き出せるのはどのキャッチャーか。
正捕手=マー君の正妻となるのだろうか。違っていても面白い。