わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦雑記

(ホークスの)平石コーチが「(マー君と)一緒にやりたかった」と本音をポロリ...に思ったこと。


f:id:uesugi_rintaro:20210207071814p:plain
一緒に...

ホークスの平石コーチがマー君復帰について、「一緒にやりたかった」と本音をポロリと漏らしたようだ。

マー君があと2年早く復帰していれば、自分が監督のときに一緒にやれただろうし、楽天にそのまま残っていれば一緒にやるチャンスもあった。
いや、もしかするとホークスもマー君獲得に動いていたというニュースがあったから、「ホークスで一緒にやりたかった」ということかもしれない。。
ま、それはないか…。マー君の性格を知る平石コーチからすれば、それがあり得ないことくらい最初から分かっていただろう。

いずれにしても、マー君復帰は石井GMが自身で監督をやるというタイミングにぶつかった。
こうなってくると、石井GMが「持っている」強運みたいなものがやはり凄い。というか、強運だけではないな。それを引き寄せるだけの考え方、人脈、判断力、実行力がそもそもあるのだと思う。

なので、今更ではあるけれど平石コーチが石井GMの提案を受け入れずに楽天を飛び出してしまったことが実に残念でならない。もっと互いに理解しあう時間を持ってほしかったなあとつくづく思うのである。
どちらかというと平石コーチが石井GMを理解できないまま去ってしまった印象が強い...。石井GMのことを前から知っているメンバーは楽天にやってくるし、自分から楽天を去ってはいかないことからもそれが分かる。

ホークスの強さを間近で体験できる今の環境も平石コーチにとってはかけがえのないものだろう。ただ、小久保がヘッドで戻り、城島がアドバイザーとして関わるなどなど、ホークスには選手だけでなく指導者も豊富にいる。選手時代を過ごしていない平石洋介の居場所ではないなと外から見ていても感じる。

もっといえば、マー君と一緒で平石コーチの帰るところも最後は楽天のような気がしているということだ。マー君が海を渡ったように平石コーチも海を渡っただけ。いずれは楽天に戻ってくる...と。

平石コーチが戻ってくるタイミングだが、マー君が2年後にメジャーに一度戻って再び楽天に戻ってくるとき。平石コーチが楽天の監督で戻ってこれたら「一緒にやれる」じゃないか...。そんな妄想を描きながら冒頭の記事を読んでいたw。あり得ないことじゃないと思うな。