わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌、ときどき身辺雑記

マー君の楽天入りに対する他球団の選手たちの反応がおもしろい。

さぁ、マー君の話題も一休みという感じだろうか。

あとはマー君がキャンプに合流したときにチームメイトがどんな反応を示すか。そこが楽しみになるかな。その次はブルペンに入ったとき。そしてゲーム形式になったとき。練習試合でのマウンド、オープン戦...と。しばらくはマー君のあらゆるタイミングで何かと話題になりそうである。

ところで、チームメイトの反応はもちろん気になるのだが、他球団の選手たちの反応もけっこう面白い。特に強打者たちの反応。何故か一様に「嫌だ」とか「困った」とかネガティブな反応なのだ。
誰一人として「対戦するのが楽しみです。」とライバル心を前面に出した反応がないのはなぜだろう。

...と思ったら、いました。この人。

マー君が無傷の24連勝を飾った2013年、彼(吉田正尚)はまだ大学2年生だったのだね。たしかに実際に対戦していないバッターなら一度は(生の田中将大と)対戦してみたいはずだ。

ということで、マー君を毛嫌いしているのは実際に対戦したことのあるバッターであることが分かった。わりと打ち込んでいた印象のあるホークスの柳田さえ、「嫌だ」とコメントしていたw。あとは日ハムの中田とかは相当嫌がっていたw。

f:id:uesugi_rintaro:20210202215257p:plain
マー君だけはちょっと...

それから西武の山川なんかもかなり悲観的だ。

ただ、西武の山川とかなんかはマー君とまだ対戦したことがないはずだ。
だとすれば、マー君にバリバリのメジャーリーガーのイメージがあってやや気後れしているのかもしれない。リップサービス的でもあり本音の部分もそれなりにはありそうだw。
それでも、森も山川もなかなか侮れないバッターではある。「やってやろうじゃないか」という気持ちはきっと奥底に秘めているはずw。

マー君自身は日本のファンに「成長した姿を見てもらいたい。」とコメントしていた。で、日本のファンの立場からすれば日本のバッターもレベルアップしているところを見てもらいたい。そんな気持ちが私自身少しある。

なので楽天ファンとしてはマー君が各チームの強打者をバッタバッタと手玉に取るところを見たいのはもちろんなんだけど、その一方で手強いところもちょっとは見せてほしいみたいな気持ち。ここらへんはプロ野球ファンとしての複雑な心理なのかもしれない。



ところでオコエ瑠偉が左手首の手術で春季キャンプには参加しないようだ。かなり痛いスタートになるね。なんかこのまま音沙汰なしになりそうで心配だ。
で、いずれ「あれ?オコエはどうしたっけ?...」というタイミングが必ず来るから、ここにメモしておく。