わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌

涌井が動き出したぞ...

www.sanspo.com
涌井が「(若手に厳しく言う)鬼軍曹」になると言っているというニュース。

ぶつかり合い

涌井の頭の中にある理想の若手のイメージは元いたロッテや西武ではない。ソフトバンクのようだ。
ソフトバンクは各選手が自分のやるべきことをしっかり理解し、やっている。だから強い。そこが発端である。それに対して楽天の若手はどうかというと、ベテランとの考え方に温度差がある...というわけだ。その考え(意見)の違いをぶつけ合うことが必要だというのである。

なあなあはダメ

つまり、楽天では選手たちが考えの違いをぶつけ合うことが少ないと言っているのだな。「なあなあはダメ」というコメントを載せていた記事もあったけど、「なあなあ」の面があるということだねw。

楽天のチームカラーとして「選手たちの仲が良い」というのは他球団から来たコーチや選手たちがこれまでも口を揃えて言っていたことだ。涌井もそれは感じていただろうと思う。
ま、他球団から移籍してきた選手にすれば、「温かく受け入れてくれた」ということにもなるのだが、涌井は1年間一緒にプレーしてきて、そこがチームの「良さ」でもあるが、「弱さ」でもあると感じたのかもしれない。

「いじり役」も...

先日のファン感で涌井が則本とトークショーをして話題になっていた。
で、あのときも「則本のいじり役」を涌井が買って出ると宣言して会場を沸かせていた。あれも則本がエースとして、または選手会長として、プレッシャーを独りで背負っていると感じたから出たコメントだったはず。「則本をいじれる選手がいない」というような言い回しをしていたのはそういうことだろう。
www.washilog.com

涌井のイメージ

というわけで、前にも書いたが涌井のイメージが一新した。
もっとクールで一匹狼のイメージがあったけど、そうではなかった。マウンドでは必要だからそういうイメージで立っていたのだろうが、根は熱くて強い、気配りの人だった。

浅村といい、大地といい、涌井といい、ゲームでの戦力としてだけでなく、他の選手たち(チーム全体)への影響力という面でも半端ない貢献をしている。すごいね、一流はやっぱり...と思ったり。