わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。オフは興味のあった話題について「思ったこと」を書いてます。

(続)三木はもう、無理...


E5−6Bs (10/21)

「三木はもう、無理...。」は1日で2日分くらいの得票があった。記事の内容云々というよりは、読者の多くはおそらくタイトルに共感して投票してしまったのだろうと思うw。とりあえず感謝...。

多くの楽天ファンは思っている(はず)。

  • 三木で優勝は無理
  • 三木でCSも無理
  • 三木で3位も無理 ようするに
  • 三木の采配で勝つのは無理
  • 三木の起用で選手の育成は無理
  • 三木のゲーム中の表情を見るのはかわいそすぎて無理
  • 三木のゲーム後のコメントは言い訳ばかりで無理 ついでに
  • 三木の野球はつまらんのでブログ更新も無理

...というわけで、2日ばかりブログの更新を休んでいたが、昨日は涌井が先発だったので、三木の采配の余地はないだろうと観戦したのだった。ところが、三木はその涌井をよりによって5回67球で交代させたのだった。ま、5失点していたので三木だけを悪くは言えない。涌井は珍しく「勝てない」ピッチャーになっていた。

  • 三木でさすがの涌井も続投は無理

で、気づけばライオンと並んで3位で始まったゲームが、終わったらライオンがロッテに勝っていたためたちまち4位転落だ。
私は自分が比較的「熱心なイーグルスファン」だと思っていたわけだが、今ではもうかなり冷めてきている。ここまでクールダウンするものなのか...と自分で自分に驚いているくらいだw。ま、楽天ファンの一人や二人、熱が冷めてしまったくらいどうってことないと思うのだが、この感覚が選手たちの間にまで広まっていそうでこわい。と、涌井でも勝てない今のチーム状況を思ったり。

さて、他球団では「監督の続投」報道がされたりしているが、楽天の場合は例によってシーズンが終わってからバタバタ動くのだろう。毎年のことで多少慣れっこになっている部分もあるが、新たな監督の名前に一喜一憂する時期がまた来る...。
だれだったか、次の楽天の監督は「ラミレス」とか言っていたが、そんな次元のところまで来てしまったか...。しかし、今の三木よりはいいかもw。

オリックスの攻撃陣が良かった。リリーフ陣もいい、特にディクソンの踏ん張り。
一方の楽天、前日のゲームではブセが例によって1点リードを守れなかった。で、昨日は松井裕樹で同点を守れず。オリックスとやるとどっちが最下位のチームか分からなくなるから嫌だ。

で、毎度の愚痴で申し訳ない。昨シーズンのセーブ王を先発で使い、最強の8回セットアッパーだった森原をつぶし、ブセもセーブ王も結局はどっちつかずに使ってしまっている今のイーグルス。これこそが三木野球だ。もう、無理w。無理やりそこに持ってきてみました。

そういえば、1年前の記事。
www.washilog.com

f:id:uesugi_rintaro:20201021214542p:plain
「僕の責任」はこの時期にはあまり聞きたくない監督コメントですな。