わしログ

ちな鷲の爺さんが書いている雑記ブログです。

塩見よ、お前もなのか...その2


H1−9E

塩見の3度目の正直。
表ローテで同じく3度めの正直をものにしていた石橋同様に見事なピッチングを見せて初勝利となりました。前回のブログ記事では2戦連続5回持たずの石橋に続いての「お前もなのか」でしたが、今回は6回1失点初勝利の石橋に続いての「お前もなのか」です。塩見の場合は7回1失点と1イニング多くなっています。ここらへんは先輩の意地という感じでしょうかw。
初回、チームの先制点のあとにすぐに同点に追いつかれるところも石橋の3戦目と似ていて興味深く見ていました。
www.washilog.com

この日の塩見はボール自体に切れがありました。ピッチャーの繊細な心理状態については投げてみないと分からないところがありますが、2回を三者凡退に打ち取ると尻上がりに良くなっていったようにも見えました。
この日のキャッチャーは前回までの太田ではなく、ベテラン足立。組み合わせを変えたこと、塩見が良かった頃を知っている相手ということが良い気分転換、仕切り直しの良いキッカケになっていたはずです。太田もそろそろ疲れがピークになる頃だし、一石二鳥の選手起用でした。

それにしても5回、6回に4点ずつ計8得点をあげた攻撃は凄かった。いずれもトップバッターが7番銀次という下位打線から始まる攻撃でしたが、この日辰己に代わってスタメン・センターに入っていた9番・小郷がうまく機能して上位に繋げていましたね。そして、上位打線になるとこれがまた面白いように繋がってあれよあれよと4得点ずつ。これが今のイーグルスです。

裏ローテから始まったホークスとのカードでしたが、先発それぞれが粘り強く役割を果たしてくれました。特に2戦連続でダメダメだった塩見が3人の中で最も良いピッチングを見せてローテ入りを確保したのはこの日の結果だけでなく、この先のレース展開にも良い材料になりました。三木監督が打っていた事前の策が少しずつ開花しているように見えるのは買いかぶり過ぎでしょうか。

さて、今日からは表ローテ。岸が2番手で加わり、石橋が昨シーズンまでの感覚を取り戻して臨む布陣となります。先発さえゲームを作ってくれれば、今の楽天の攻撃陣ならどこからでも得点できます。そういう地力も付いてきたし、そういう展開にできる三木監督の戦略があります。

このまま一気に連勝を重ねて独走体制に一度入っておくのも良いかもです。なんか「余裕」の書きぶりになってしまいました。まずは今日の則本の出来に注目です。エースが4連勝、浅村にも一発が出れば、その可能性はグーンと高くなりますな。