わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。オフは興味のあった話題について「思ったこと」を書いてます。

【チーム浅村】の顔ぶれがなかなかイイ感じでワクワク...。


hochi.news

メンバーがいいですね。オコエ、フェルナンド、内田。皆パワーヒッターの素材、そして「右の大砲」候補です。浅村が「うらやましい」という3人の潜在能力に期待したいですね。

浅村のコメントを引用します。

「パワーは僕より持っているメンバー。自分の持っているものを教えていければ。とんでもない選手になるんじゃないかと思います。うらやましい限りですね」

パワーは浅村より上。これに浅村のテクニックが加われば第二の浅村、第三の浅村が誕生....と、そんなに簡単にはいきませんよね。ただ、誕生のキッカケや道標にはなるはずです。それを見つけるために結成されたのが「チーム浅村」ということでしょう。

仮にこの3人の中から第二、第三の浅村が誕生しない(もちろん、将来的に)ということであれば、それは単に「素材」が悪かったということですね。パワーはあるけれど、センスがなかった...とか。野菜や果物に例えるならば、見た目の大きさは一緒でも実(み)がそれほど詰まっていなかった...みたいな。
ただ、浅村の診立てですから、素材は十分だろうと思われます。品種(素材)良し、肥料(浅村)良し、あとは土壌ですか。この場合の「土壌」は実戦ということになるんでしょうか。つまり「経験」かな。早く大きな実をつけてほしいものです。

さて、浅村が楽天に来たからこそ実現した今回の「チーム浅村」であることを考えると、これも浅村の移籍効果の一つですよね。戦力としての直接的な効果に加え、若手の育成にまで効果は及びます。計り知れません。すばらしい。


3人の「チーム浅村」入りの経緯...

  • オコエは1年前から「チーム入り」を予約していたようです。オコエにしては上出来ですねw。
  • 内田は浅村の方から声をかけたとか。少し前のニュースにもなっていました。ここで変われないようでは潜在能力ではなく「潜在したままの能力」ということでしょう。
  • フェルナンドの弟子入りの経緯はわかりません。が、「弟子入り」する相手としては間違っていません。タイプとしてはオリの吉田なんかとかぶりますが、方向性は一緒ですから。

田中和基は浅村と同じライオンのレジェンドだったカズオさんに弟子入りして(化ける)キッカケをつかみました。同じようなことが起きてくれることを祈るのみです。
www.washilog.com

そう、当の浅村はライオンズ時代に「チーム中島」*1に入ったことが今につながっているようですね。ちなみに「チーム中島」と呼んでいたかどうかは定かではありませんが...w。

右の大砲候補といえば、ほかに岩見和田恋がいます。彼らはどうするんでしょう。というか、どうしているんでしょう。昨年の今ごろ、オコエは岩見と一緒に自主トレやってたんだよなあ...。
www.washilog.com

*1:中島裕之選手との自主トレのこと