わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。

石井GMは「仙台」に住むべきか?...いまさらですが、思ったこと。


あまり踏み込んではいけない話題なんですが、あえて...w。

松井裕樹夫人の石橋杏奈さんには仙台でマタニティライフをエンジョイしてほしいと思っていますが、石井GMに関しても仙台で活動してほしい、活動すべきだ、と思っているかという今はそうではありません。

というのも、「ロッテからの涌井の移籍」を始めとした選手補強を見ていて感じたのです。これは石井GMが東京に拠点を置いて活動しているからこそできる芸当なんだろうと...。

昨日引用した記事の中にもありました。
石井GMは、美馬の方から「関東のチームを希望している」と相談された頃から美馬に代わる「イニングを食える先発投手」をアンテナを高くして探していたそうです。ロッテだけじゃなく色々な球団を対象に探していて、結局は涌井に行き着いたというわけですね。

楽天ファンの間でも「涌井獲得」についてはいろいろな意見があるようです。正直、私が想像していた以上に歓迎ムードなのでちょっとホッとしています...。ま、これから書く内容は、「涌井を歓迎する」側からの意見かもしれません。あしからず。

ということで、少し前に石井GMが仙台に住んでいないことを一括りに「東北への愛がない」という感じで批判する向きがありましたが、果たしてそうでしょうか。

GMとして地元密着で楽天ファンの声や熱意や要望に耳を傾けることはもちろん大事だと思います。でも、それは例えば石井GMでなくてもできることなのだと思います。
メジャー経験や日本でも複数の球団を渡り歩いた経験こそが石井GMの強みのはずです。この「石井GMの強み」をフルに発揮してくれることこそが球団が彼に求めていることです。

で、石井GMの強みをフルに(つまり効率的・効果的に)発揮できる場所が東京だった、そういうことでしょう、たぶん。
プロ野球やメジャーの球団関係者や選手、監督、コーチといった人脈と接触できるチャンスは東京の方が圧倒的に多いのだろうと容易に想像できます。

常勝チームを作る、その目標に向かって石井GMが自身の強みをより効率的、効果的に発揮できる場所で活動する。それが現在の石井スタイル。
GMに求められることはいろいろあると思いますが、少なくとも石井GMに求められているのは「楽天を常勝チームにする」という「結果」です。石井GMは今のところ期待以上にやってくれているように思います。感心します。