わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。

【和田恋にとってサードを守ること】は「目的」なのか「手段」なのか...


www.nikkansports.com

和田選手って、高校時代はサードを守っていたんですね。球団の選手名鑑でも外野手で登録されていますので、サードのイメージはぜんぜんありませんでした。

今シーズンの9月以降は、2軍ではあるけれど、サードを守り始めていたとか。2年ぶりのサードだったというのは気になりました。ジャイアンツでは守らせてもらえなかったということですから。

和田にとっては出場機会を増やすための「サード」だと思うのですが、来シーズンのサードとなると、はたしてどうなんでしょう。

来シーズンはロッテから鈴木大地が加わって、サードのポジションはますます激戦区になるわけで...。

ウィーラー、鈴木大地、内田靖人、ルーキー小深田がショートを守るようなことがあれば、茂木栄五郎もこれに加わってくる可能性があります。

f:id:uesugi_rintaro:20190307071530p:plain

和田は、「バッティング」も「守備」も、となるとちょっとハードルが高くなるような気がしないでもない。というか、「二兎追うものは一兎をも得ず」になりはしないかと心配です。まずは「売り」であるところのバッティング(長打力)で結果を出すことに専念して欲しいかな、個人的にはそう思っています。

それともサードを守ることで自身のバッティングに何かしらの好影響が期待できる、そういうことなんでしょうか。だとしたらバッティングのためのサードということで、サードは目的ではなく手段になるわけで、何も言うことはありませんね。応援するだけです。

さて、和田ととても似たタイプでライバルになる内田靖人ですが、今度の自主トレでは浅村に「弟子入り」するようです。和田はだれに「弟子入り」するのでしょう。ちょっと興味があります。浅村に対抗するには思い切って西武の中村剛也あたりの門を叩くしかないような気がするんだけど...。同じサードだしねw。
www.washilog.com