わしログ

わし(楽天イーグルス)ファンの雑記ブログです。

西口直人はラストチャンスのつもりで臨め...。引地秀一郎は本家に直接当たれ...。

偉そうなタイトルになってしまいましたが、要するにこの2人のピッチャーに注目しているというか、期待しているということですw。

西口直人

投手の注目株ですが、昨年の今頃は西口直人を「イチオシ!」にしていました。昨シーズンの後半に見せた快投に一目惚れしたのが理由です。
www.washilog.com

ところが、今シーズンは見事に一軍登板がありませんでしたね。期待ハズレもいいところです。力はあるはずなのに。途中で故障でもやらかしたのかな...。ファームでの登板数も3試合と淋しいものでした。

一回だけの快投でしたが、仮に2018シーズンのそれが「まぐれ」だったとしても、実際にやれるだけの力は持っているわけで...。ただ、その「持っている力」をコンスタントに出すことができない。

彼の場合はメンタル的なものではなく、身体的なコンディションの問題だろうと想像しています。登板に向けた調整も含めて「持っている力を常に出す」ことも才能、特殊能力ですが、そこの経験が足りないのではないかと。

投手はデリケートなポジションです。コンディションだったり、登板のタイミングだったり、バッターとの相性であったり、いろいろな要素でピッチングが変わってきます。

常に一定レベルのパフォーマンスを出せるピッチャーこそが一軍で勝てるピッチャーです。西口には来シーズンこそ一軍で1勝してほしい。一つ勝てばそれがキッカケになる。

石井GMは今シーズンの後半に若い投手も含めた投手スタッフをバッサリ整理しました。西口が整理される側に入っていなかったというのは、とりあえずは厳しい石井GMの目にかなったと言えます。つまり合格...。これは自信を持っていい。

しかし、潜在能力は評価できても、それを本番で発揮する才能に欠けていることが分かれば、(それがメンタルであれ、コンディショニングの経験不足であれ)いずれバッサリ整理されてしまうでしょう。石井GMは今シーズンそれを選手たちにハッキリ示したのです。

平石・前監督ではありませんが、西口には「腹をくくって」来シーズンに臨んでほしい。来シーズンは4年目、もしかしたらラストチャンスかもしれません。

引地秀一郎

あと、西口と並んで密かに期待を寄せているのが引地くんです。ビックマウスの引地くん。入団したばかりの頃は何かと目立っていましたが、シーズンが始まったら途端に音沙汰なしになってしまいました。プロ野球選手なので、野球で目立たないと...。
www.washilog.com

その引地くんの話題がネットニュースに出ていました。これ↓
www.sponichi.co.jp

マー君流スプリットを小山コーチに伝授されたとあります。で、私は思いました。どうせなら、毎年、仙台に自主トレに来る当の本人(田中将大)から直接教えてもらったらと。すなわち直伝スプリット。則本や松井や藤平なんかがいつも一緒に自主トレしていたはずなので、その中に飛び込んでほしいですね。それくらいの大胆さはあるキャラだったと記憶していますw。
www.washilog.com