わしログ

わし(楽天イーグルス)ファンのプロ野球観戦雑記です。

チームが一丸となって則本のエンジンを全開にしたことが勝因ですね。

小島は良いピッチャーですね(悔しいけど...)

球速表示は明らかに則本の方が上なんだけど、見た目は小島の方が速く見えるんだなあ。目の錯覚....。というよりは「ボールのキレ」の違いということなのでしょう。

則本のボールにキレがない、というよりは小島のボールにキレがある、そういうことなんだと思います。小島は松井裕樹タイプですね。主審のストライク判定が厳し目でやや苦労していましたが、制球も安定していて良いピッチャーだと思いました。ルーキーなんですよね、羨ましい...w。*1

則本は高めのボールで空振りが取れていましたからいつもどおりのストレートを投げていたはずです。

気分屋の則本を上手く乗せられました。

その則本ですが、初回の先頭・荻野にヒットを許します。オッ、則本の「立ち上がり問題(先制失点)」勃発か...と頭を一瞬過りましたが、そのあとの鈴木大地をゲッツーにとって切り抜けました。初回無失点、則本の場合はこれで不安の半分は解消ですw。

さすがに3回以降は乗ってきました。この人はやっぱり「気持ち」で投げるタイプなんですね。というかまさに気分屋です。乗ってきたら手がつけられません。

気分という意味では、キャッチャー足立とのバッテリーも気分良く投げられている一因でしょう。足立のリードには首を振ることがほとんどありません。前回のナイスピッチングも足立とのコンビでしたね。
www.washilog.com
野手は則本の気分を害さないように、そしてできるだけ気分よく投げてもらえるようにと気を遣うわけですが、昨日はチャンスで上手く先制できたし、初回の守りでも上手くゲッツーにしてピンチを切り抜けました。

終盤の辰己のファインプレーも大きかった。野手全員でノリのエンジンをスムーズに全開、最後までエンストさせずに運転しました。

8回3被安打無失点

絶対に落とせないゲームを則本で勝てたこと(則本に勝ちをつけたこと)はチームにとって、そして則本自身にとってもかなりのプラス要素です。

攻撃ではみんなバントが上手くなった印象があるのですが、気のせいでしょうかw。

作戦がそれなりに成立しているのは凡ミスが減ったことが一つの要因だと思われます。

どうもウィーラーは戦力になっていませんね。

ベンチでのムードメーカーとしての功績はありそうですが、ゲーム自体での功績は皆無。まだ藤田の方が使い道はありそうです。

茂木もまだ本調子ではありません。1番島内が好調なので2番という今の打順で「つなぎ」としての役割をどうにか果たしているという感じ。浅村はまだ微妙にバットの軌道にズレがあるんでしょうね。以前ほどの勝負強さがまだ戻っていません。

茂木と浅村、CS進出に向けての攻撃陣のキーマンはこの2人ですね。

これも「平石監督退任へ」効果?

さて、「平石監督が退任へ」というニュースが流れてからの連勝。一戦一戦勝ちに行っている感じが伝わってくるので見ていて面白いゲームが続いていますね。そういう中でも相手チームの選手たちに比べて、イーグルスの各選手たちは比較的気負わずプレーが出来ているようで頼もしいです。

これまでのイーグルスのイメージからすると、接戦になればなるほど、大事なゲームであればあるほど自滅していくパターンが心配でしたが、ここ2戦は好不調の選手差はありますが、全体的に落ち着いた戦い方が出来ているように見えます。

岸と則本のwエースがここに来て勝ち始めているのも心強いですね。

さて、今日からライオンズ戦

さて、今日からライオンズ戦が続きます。残り6試合のうち5つがライオンズ戦というのもなかなか無い試練ですね。正直、泣きたくなりますw。

初戦の先発はこれまた相性の良さで久々の登板になる塩見です。意外と淡々とナイスピッチングをするイメージが塩見にはあります。もうこうなったら一戦一戦勝ちに行くだけです。とりあえず今日も勝ちましょう。

*1:小島和哉(23歳)、2018ドラ3(浦和学院高→早稲田大→ロッテ)、177㌢81kg