わしログ

わし(楽天イーグルス)ファンの雑記ブログです。

6回までノーヒットに抑えられていたけど、7回に5点取って逆転。塩見2勝め、ブラッシュ5打点。

終わってみれば5点差勝利だったけど、6回までノーヒットだった...

  • E7-2L

終わってみれば5点差の勝利。でも、得点した7回までは2点を追いかける展開。しかも四球での出塁はあったがノーヒット。相手先発の今井に完全に抑えられていた...。7回の5得点を振り返る。

口火を切ったのはやはりこの人...

チーム初ヒットは浅村だった。この人は本当に頼りになる。ノーヒットの嫌な雰囲気を変える口火のヒットとなった。ここで一本欲しいというときに必ずと言っていいくらい結果を出してくれる。この存在感はまさに別格である。

一本出ると打線が繋がっていくのが今のイーグルス。続くウィーラーも2ベースでたちまち0アウト2、3塁のチャンスになった...。

銀次はライオンではなく「地元開催」というプレッシャーと戦っていた...

ウィーラーのあとの銀次は凡フライで簡単にアウト。この日の銀次はライオンではなく「地元開催」というプレッシャーと戦っていた。だからこんなもん...。以前の曲芸士・銀次に戻ってしまっていた。この日の銀次、ノーヒット。でも、さすがに地元応援が凄かったので、ゲッツーなどで足を引っ張らなかっただけ良しとしておくw。
www.washilog.com

ブラッシュが2本のホームランで5打点...

で、銀次のあとにはこの人、ブラッシュ。この日2本のホームランを打ったうちの1本はこの場面で出た。3ランでたちまち逆転だ。7回2失点の塩見に勝ちをつける貴重な一本になった。

粘っていれば良いこともある(影のヒーローは今江でしょ...)

このあと更に2アウト満塁というチャンスの場面でバッターは今江。ピッチャーは交代したばかりの平井。このときの今江の粘りが貴重な追加点を産んだ。今江がタイムリーを打ったわけではない。今江がファウルで粘っている間に2塁ランナーの辰己が誘ったのかどうかは分からないが、ピッチャーの牽制で二遊間に挟まれる。その間に3塁ランナーの島内はホームスチール。外崎からのバックホームが悪送球になり2人ホームインで2点追加となった。

辰己のファインプレーのようでもあり、島内の好走塁のようでもあり。でも、あれは今江のしぶとい打席が産んだ結果だと私は思った。結局、今江は四球で出塁した。

....この回、一挙5得点。ほぼ勝負あり。

宋とブセニッツがいれば大丈夫という投げっぷりだった

8回のマウンドは前回登板回避で結果2日空いた宋。これがピシャリとライオンを叩いて、9回は松井裕ではなくブセニッツ。地方球場のマウンドに少し投げにくそうな様子も見せていたが、持ち前の投げっぷりの良さで無失点に抑えた。まだハーマンほどの実績はないけど、ハーマンのように自滅していくタイプではなさそう。ハーマンよりも6歳若いというのも強み。
www.washilog.com

今日は弘前。岩木山が似合うのは辛島だけど、先発は古川...w

さて、盛岡でいいスタートを切れた。今日は弘前。岩木山をバックに投げるのが一番似合うのは辛島なんだが、先発は古川。地方球場のマウンドを気にするようだと例によって独り相撲のおそれありだ。

ただ、だからといってバカ正直にストライク先行を意識すればいいというものでもない。何と言っても相手はライオンだ。ちょっとでも血を見せると命取りになる。とにかく不用意な「高め」だけはやめておきたい。古川の立ち上がりにありがちなボールの傾向なのでそこだけ強く意識してほしい。
www.washilog.com

さいごに

ブログ村のランキングの得票数が低迷している。記事がつまらないからだと思うのだが、得票数の多かった記事とそうでない記事の違いを今ひとつ掴みきれずにいる。

ま、得票数が日によって上がったり下がったりするというのは、ブログ村経由の読者の方が記事をちゃんと読んでくれているということなんだろう。それは感じる。
www.washilog.com