わしログ

ちな鷲の爺さんが書いている雑記ブログです。

▶ 樂天イーグルス

観戦メモ、スポーツニュースに対する感想など

見たか、これが今シーズンのイーグルス...

H8−12E 初戦の1点を争う投手戦から、第2戦は最大6点差、終わってみれば4点差となる打撃戦となりました。離しては追いつかれ、追いつかれそうになったらまた離し、みたいな。ホークスの怒涛の追い上げにも淡々と追加点で対応する、これが今シーズンの…

どっちに転んでもおかしくないゲーム展開でしたが、主砲の一発、一打が明暗を分けた感じです...。

H4−3E あぁ、悔しいかな。ホークスとの初戦を飾れず。 ま、両チームの先発が千賀と弓削でしたから、格から言えば順当な結果と言えないこともない。ただ、2軍で調整中だった千賀はこれが一軍での初登板、一方の弓削はすでに2勝しての第3戦目でした。そう…

平石コーチの目を意識しつつ楽天を応援する。

さて、今日からホークス戦。いつもだったら他球団と特に変わらない心境で対戦のときを迎えるところですが、今シーズンは少し違います。そう、楽天の前監督・平石洋介氏が今シーズンからホークスのユニホームを着ているからです。退団時のバタバタは記憶に新…

昨シーズンの石橋が3戦目にしてようやく帰ってきました。で、美馬には「古巣からの愛のムチ」をくれてやりましたぁ...。

E8−1M 昨日のブログで予告したとおり、楽天からロッテに移籍した美馬と小野の2人には「古巣から愛のムチ」をくれてやることができました。わしほー(...はちょっと遠慮気味に)。 せっかく髭を生やして臨んだ美馬には悪いけど、うちとしても(美馬からの…

ぎりぎりの勝ち投手でしたが、岸らしさもチラリ。今日は「古巣への恩返し」ではなく「古巣からの愛のムチ」と行きましょうかw。

E3-1M 7回降雨コールドゲームでした。結果は「わしほー」。表ローテの2戦目ですから、当初の先発転向計画が上手く行っていれば松井裕樹が先発のはずでしたが、彼はもういません。代わりに上がってきたのがwエースの片方である岸。満を持しての登場となり…

ようやく「則本が投げる日は勝てそう」という感じで観ていられるようになりました。

E3-1M エース対決らしい投手戦でした。楽天の先発・則本も前回ほどの調子ではなかったとゲーム後にコメントしていましたが、たしかに三振10個取った前回に比べると今回は2個だったことからも分かるように打たせて取る丁寧なピッチングだったと思います。…

塩見よ、お前もなのか…

E5-8M 塩見が4回2/3を6被安打6失点でまたもや5回持たずという情けないピッチングを見せてくれました。松井、石橋に続いて3人目の「2戦連続KO」ということです。 打線は好調なのですが、さすがに先発ピッチャーに四球でランナー溜めては吐き出す式のピ…

やっぱり涌井は凄いと思いました。

E5-3M 首位攻防戦の第2戦。カード最初のゲームを大勝して迎えた第2戦、8連勝虫だったロッテに負けをつけ、チームとしては乗っていきたい、また、これに勝てば首位に並ぶという何かと意識しそうなゲームでしたが、先発の涌井はさすがのピッチングを見せて…

「古巣への恩返し」と言うけれど...

E15-4M 首位攻防戦の初戦。残念ながら夜の街の仕事でライブ観戦ならず。今朝、スポーツニュースで試合結果をチェックしての感想だけ書いておきます。ここまでの大勝は予想していませんでしたが、まずは勝てて良かった。楽天がまったく手も足も出なかったあの…

松井裕樹が登録抹消なら、伊藤コーチ、あんたも一緒に2軍で調整に付き合うべきでは?、みたいな...。

いよいよ今日から首位ロッテとのカード。大事な6連戦を迎えるタイミングで岸孝之が帰ってくるようです。7月4日の登板が確実との報道ですが、表ローテの2番手に当たります。つまり、ここまで松井裕樹が投げていた順番です。ということで、岸の代わりに松…

石橋よ、お前もか...。内田も、やっぱりね...。

E4-6F なんですかね、この表ローテは。 3人の内まともなのはエース則本だけ。続く松井、石橋の2人はどっちも前回に続いて5回持ちませんでした。1回くらいは、まぁ、あるかもしれない。ただ2回連続は恥ずかしいでしょう、さすがに。しかも2人続けては。…

松井裕樹の先発転向にあと何回付き合わされるのでしょう。不思議と負けないのは「持っている」証だとしても、チャンスはせいぜいあと1回にして...。

E18-4F たしかに松井裕樹はチームNo.1の「強いボール」を投げるピッチャーに違いありません。見た目の球威は球速表示以上に感じますが、これがいわゆる「ボールの強さ」ということだと個人的には理解しています。で、昨日もそんなボールを投げられてはいた…

エース則本は山岡に続いて有原にも勝って2勝目...。

E7-1F 弓削から始まった裏ローテでしたが、異例の6連戦なので(相手チームは)そのままに表ローテへ突入。塩見の次はエース則本でした。しかし、こっちが表のローテになったということは、相手も表になるわけで。相手は天敵・有原が先発。要するにエース対…

塩見も塩見だけど、宋も宋だろう。どっちももう少し踏ん張れよ、ってこと...。

E5-8F 先発の塩見はちょっと「らしく」なかったですね。ボール自体はそれほど悪くなかったと思うのですが、やや単調すぎました。要するに打たれすぎ。42/3回88球7被安打2本塁打5失点はなあ...。要所、要所を締めるというのがありますが、この日の塩見…

涌井はさすがのピッチングでした。

E5-2F 昨日は夜の会合が入りライブ観戦できませんでした。少しだけアルコールが入りましたので、帰宅後に動画チェックも叶わずそのまま就寝。早朝に楽天TVの録画で涌井の初回と失点した2回のピッチング、それから楽天が逆転した5回裏の攻撃だけをチェック…

ホーム開幕戦で見えた弓削の「明」と内田の「暗」に注目してみました。

E4−0F はじめに 先日のシーズン開幕戦と同様、ホーム開幕戦も見事「わしほー」という結果になりました。今回は明暗の分かれた弓削と内田の2人の違いについて思ったことを書きます。弓削の「明」 先ずは先発の弓削。初の同一チームとの6連戦のカード頭、…

なぜ弓削がホーム開幕投手なのか考えてみたけど相性の良さくらいしか思い浮かばない…。

今日からホームゲーム。しかも初の同一チームとの6連戦。しかもしかも、ホーム開幕投手はプロ2年目の弓削隼人。辰己、太田、小郷らと同期の、通称・和製ランディー・ジョンソンです。ホーム開幕は涌井だと思っていましたから、これは意外でした。三木監督…

3連勝ならず。...というか完敗でした、山本由伸ひとりに。

Bs4-0E エースが完璧なピッチングをするとチームはここまで変わるものかという典型。そのまま眠っていてほしかったT岡田もとうとう起こしてしまいました。「目覚まし時計」役になったのは、やはり先発・山本の手のつけられない凄まじいピッチングだったと思…

ほろ苦デビューでしたね、先発転向の松井裕樹も新クローザーの森原も...。ま、連勝なので良しとします。

Bs1-2E 先発転向の松井裕樹の初陣は、ボール先行でカウントを悪くし、毎回先頭打者を出塁させての苦しいピッチング。相手バッターというよりは、自分で自分の首を絞める(わざわざ苦しいピッチングにしてしまう)みたいな、いつもの独り相撲でした。結局5回…

開幕戦、わしほー

Bs1−9E 直行で帰宅し、テレビの前でメガホン片手に応援する予定が、急な仕事が入り叶わず。ときどきスマホでスコアチェックしていたので1−1の投手戦を展開していたのは分かっていましたが、帰宅してテレビをつけたらなんと1−9の大差でマウンドには牧田…

CSのアドバンテージについて考えてみた。

開幕が約3ヶ月遅れて、試合数もだいぶ減りました。そのため、今シーズンだけの特別ルールというのがいくつかあります。例えば、 延長戦は10回までで打ち切り 出場登録選手を29人→31人へ変更 ベンチ入り選手を25人→26人へ変更 外国人選手の一軍登…

先発転向の松井裕樹、スライド登板という最終試験も見事パスしました。

E9−2S ヤクルトとの練習試合第3戦は開幕前の実戦最終戦ということになりましたが、見事快勝でした。ま、松井が5回まで投げて、続いて石橋が8回まで投げたようなので、贅沢なリレーではありました。練習試合ということで同点でもないのに10回の裏まで…

1軍入りを狙う2軍ピッチャーの筆頭は藤平と渡辺佑の2人、あと台湾から来た王にも注目...、そんな感じです。

ヤクルトとの練習試合第2戦は雨天中止でした。先発予定だった松井裕樹は今日のゲームにスライドするようです。で、もともと今日が登板予定だった石橋は2軍の練習試合にスライドするみたい。(先発)転向の松井裕樹の状態確認を優先するということですね。…

則本は余裕の新フォーム試行錯誤...

S1−4E 練習試合はヤクルト戦になりました。相手がセ・リーグに戻ったため楽天TVでの録画チェックはかなわず。テキスト速報から気づいたことなどを書委ておきます。先発は開幕投手が決まっている則本。前回は新フォーム、ノーワインドアップからのピッチン…

岸は実戦登板できたことをまずは評価したい。

E8−12L 岸が先発。腰のハリで離脱していましたので、3月3日以来の実戦登板ということらしいです。結果は1回2/3で47球3安打1失点2三振1四球。ま、今回は実戦登板できたことを評価したいですね。少しでも不安があれば登板しない(登板させない)人なので…

美馬はいなくなったけど、今の涌井なら補って余りあるなあ...。

L1−1E 安打数が7本ずつ。得点も本塁打による1得点のみ。まさにガップリヨツの引き分けでした。楽天の先発は涌井。古巣(ロッテ)のそのまた古巣(西武)との一戦となったわけですが、4イニング投げて71球(16人)4被安打4奪三振無失点という上々…

弓削の立ち上がり、銀次のエラーに出鼻をくじかれ3失点...と。

L7−5E 練習試合は昨日からライオンズと...。平日のデーゲームなのでライブ観戦とはいかず。まずは例によってスコアチェック、その後、気になったイニングだけ録画でチェック。やはり初回の3失点が気になりました。弓削の立ち上がりですね。4イニング投…

投げ終わってから力を入れる感覚(松井裕樹)

M3ー8E 主力がベンチに下がり、若手中心のオーダーになった7回、8回に4点ずつ得点した楽天が見事な逆転勝ち。昨日の逆パターンでしっかりリベンジした格好になり、見ている方は愉快でした。黒川が相変わらず高校生ルーキーとは思えない勝負強さで良い仕…

ロッテのルーキー佐藤都志也は「打てるキャッチャー」で「福島出身」みたいです。

M6−2E 練習試合もパ・リーグ編へ突入。まずはロッテから...。こっちは開幕投手に決まっているエース則本が先発だったが、向こうはルーキー2人を含む若手中心のスタメン。いくら練習試合でも、ちょっと失礼じゃないか...、というオーダーでしたが、その失…

辛島はパッとしなかったけど、安楽は良かったね。浅村にも待望の1本です。

E8×-7De 勝ったからいいというものではない。3回にゲームを壊してしまった先発の辛島は猛省すべき。3番、4番への連続四球はダメでしょう。コントロールが生命線の辛島ですが、丁寧すぎるというか、慎重すぎるのが玉に瑕。今シーズンもこのパターンは何…